たけやんのちゃらんぽらん夢日記

日々見た夢を綴って、心の平安をたもとうか、とゆうブログ

自転車でコケた

 さて自転車でコケた。ちょっとショックだった。

 別にスピードの出し過ぎとかカーブを曲がりきれなかったとかじゃない。止まった時にコケたのだ。


 止まる時ってさぁ、足を地面に付けるじゃん。で、私も足を地面に付けようとしたのさ。そしたらさ、そこに地面が無かったのだ。

 歩道に時々地面がへっ込んでるのがあるじゃん。車道へ出る所とかさ。ちょうどそこに足を付こうとしたのだな。予想よりも地面が下にあったのだ。でもさ、普通はそうゆうのはさ、

 『おっと』

 ぐらいで済むじゃん。せいぜい『おっとっとっ』じゃん。私もそのつもりだった。

 ところが、『おっとっとっ』では済まなかったのだ。とゆうか、それ以前の問題だった。

『あれ?……あれあれあれ?』って感じで、なすすべもなくコケたのだ。何の抵抗もできなかった。

 体力の衰えだろうか?反射神経の衰え?いずれにせよ、我が体の衰えにショックを隠せなかった。その後はゆっくりと、用心して帰った。

 そう、用心して帰ったのだ。


 実はわたくし、この手のことが起こった場合、いつも肝に命じることがある。

『これは、より深刻な事態への注意喚起』だと。

 私は一度海外で殺されかけたコトがあるんだけど、そのお陰で危機管理ができ、より治安の悪い国でも無傷で帰ってこれた。

 今回コケたのだって、もしそこに車でも走ってたら頭をひかれて一巻の終わりだった。用心しなければ。まだ死にたくないもん。

 若い頃は体力があって動けたもんだから、その感覚がまだ残っている。…もう、昔のようには動けないのだ。肝に命じなければ。


 とりあえず、ストレッチ体操でもするかな。

そのドア、危なくない?

 大阪では、時々変わったものに出会う。この建物もその一つだ。

 そこそこ古そうではあるが、10階建ぐらいの大きな建物だ。

 ほんでこの建物、横の壁一面に、ドアが張り付いている。

 ドアだけだ。階段はおろか足場すら無い。ドアだけが、壁に張り付いているのだ。

 想像するに、建物の中に廊下があって、廊下の突き当たりにドアがあるんじゃないかな?

 ほんでドアを開けると…… 落ちるがな!

 いやいやいや、当然鍵はかけてるやろ。いやいやいや、万が一ってあるやろ。好奇心旺盛な酔っ払いが鍵をこじ開けたらどないするんや!


 本当はどうなっているんだろう?一度、中に入ってみたい。

奈良の軍団

 さてブログのネタがない。
 とゆうことで奈良に行ってきた。

 ほんで今回の奈良、やたらめったら遠足団体が多い!小・中・高校生の遠足団体だ。修学旅行かもしれないがそれにしても多い。多すぎる!そりゃ奈良だからいつも遠足団体はいるのだが、今回は、いつもの倍ぐらいの団体がいるんじゃないか?ってぐらいの多さだった。

 なんたって行きの電車にも小学生と中学生らしき団体が乗り込んできたのだ。平日の昼間だというのに朝の通勤ラッシュの様な混雑である。こりゃ現地でも多いのかな?とか嫌な予感がしたが、予感が思いっきり的中した。

『最近の子供達は静かになった』とか言う言葉を聞いたことがあるが、

 どこが静かやネン!!

 耳がクヮンクヮン言うぐらいやかましい。彼らに比べたら中国人の団体の方がまだ静かだ。

 なんかの拍子で彼らの団体の中に入ってしまった時があったのだが、それはそれは大変だった。四畳半に監禁されて大量のクマゼミを放り込まれたかの様なやかましさだった。

 とゆうことで彼らを避けてメインルートから外れ、遊歩道ルートを歩いていた私だ。怪我の功名ではないが、緑に囲まれた心地いい遊歩道だった。

 ほんで最後に見に行ったのが奈良のピラミッドだ。

 ピラミッドというか、ピラミッドみたいな形状の塔だ。頭塔というらしいが、奈良時代に建てられたらしく、日本でもあまり類を見ない珍しい形の塔らしい。

 『らしい』だらけであるが、詳しいことを書くのが面倒臭いのだ(^^)。

 『ホテルウェルネス』というホテルの裏庭にあり、入場料(たった300円)もそのホテルに払う。

 個人的にはなかなか面白かった場所なので、あまり期待せずに見に行くことをお勧めします。

最近の散歩写真

 さてブログのネタがない。

 とゆうことで最近の散歩写真です。最近とゆうか今日なのだが、箕面公園とゆう所へ行って来た。

 さて、箕面と言えば関西の小学校では遠足のメッカである。もちろん私も行ったことがある。そして箕面と言えば野生の猿軍団が襲って来るで有名である。もちろん我々も襲われた。

 友達などはお弁当の上にウンコをされて泣き出してしまった。私などは逃げる時に買ったばかりの魔法瓶の水筒(家族兼用!)を、落として壊してしまい泣き出してしまった。

 そんな小学生以来の箕面である。

 そんな久方ぶりの箕面であるが、お猿が全然いない。全行程で見かけたのはたった一匹であった。しかも襲って来る気配も全くない。ちょっと高い所から不敵な目で見ているだけだった。

 イタズラばっかりするから何か対策を取られたのかな?ほんのちょっとだけ寂しかった。


 いつまでも昔と変わらない。ってのは幻想だから、見れるものは今のうちにとっとと見に行くかな。

気が付けば満開

 桜が満開だ。

 いつの間に?こないだまでツボミじゃなかったっけ?俺が気づかなかっただけ?


 とゆうことで桜の写真を撮りに自転車で出かけた。ボヤボヤしてたらいつ散ってしまうか分からない。

 私は、山の上にある神社を目指していた。

 去年見つけたのだが、木々に囲まれたすごく雰囲気のいい神社だった。あいにく、その時は桜がほとんど散っていたが、もし咲いていれば、木々に囲まれて薄暗い中に桜の色が映える素晴らしい光景になるはずだ。

 とゆうことで、そこを目指して自転車を走らせた。

 そこを目指して自転車を走らせた。

 …のだが、どこにも無い!

 それらしい場所を散々探したのだが、結局見つけられなかった。


 私にはこうゆう経験が多いのだが、どうも、『一度行った場所を再訪する』とゆう、当たり前の能力が少々欠落しているようである。

 これはなんだねぇ、『過去なんか見ずに新しい場所を探しなさい』ってことかな?


 とゆうことで、ネットで探したまだ見ぬ場所へと、出かけましょうかね。

 | HOME |  古い日記へ »

文字サイズの変更

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2Ad

Template by たけやん