たけやんのちゃらんぽらん夢日記

日々見た夢を綴って、心の平安をたもとうか、とゆうブログ

犬鳴山再び

 さて、紅葉の写真を撮りに行った。

 前回撮りに行った時は、時期が早かったのか全然色づいていなかった。ので、今回はそのリベンジである。以前行ってすごく気に入った、犬鳴山へ再び行ってきた。

 んで紅葉であるが、……時期が遅かった。

 なんか、ほとんど散っている。しかも思いっきりの曇り空で一度も太陽を見ていない。どーも私は色んなことのタイミングが悪いようである。……ま、いっか。せっかくなので、前回はあまり撮らなかった場所やアングルを探しながら写真を撮って行こう。

 犬鳴山、適度な行程で心しみじみな景色。秋は紅葉、春には桜も楽しめるらしい。決して近場ではないが、たかが数時間でこうゆう場所に来れるってのは、幸運なんだろうな。

 さて、次はどこへ行こう?

南極観測隊

 とゆうことで南極観測隊のゲストになった。

 今、南極観測隊の船に乗っている。もうすぐ氷河を突き破って南極大陸に入るのだ。その前に手前の陸地に上がって一休みしている。最後のトイレ休憩みたいなもんだな。

 陸地には小高い丘があって眺めが良さそうだ。足場が悪そうなのでカメラを落とさないように、カメラは地面に置いて丘に登る。登っている最中に出発の合図があった。なんて短いトイレ休憩だ。

 さて、いよいよ氷河を突き破って南極大陸だ。最初に小さな舟が入って氷河に裂け目を作り、その裂け目に観測隊の船が突入して行く。私はその様子を空の上から俯瞰で眺めていた。

 予想をはるかに超えるスピードで船が突入して行く。まるでモーターボートのようなスピードだ。大丈夫か?船、壊れないか?私の心配をよそに船はズンガズンガ進んで行き、あっとゆう間に南極大陸の基地に到着した。

 基地の中はまるで遺跡のようだ。真ん中には祭壇のようなものがあり、瓦を薄くしたような板が何重にも重なった屋根がある。こりゃーすごいなぁ。写真を撮らなきゃ。

 ……あぁあああ!カメラ忘れたぁ!手前の陸地に置きっぱだぁ!地べたに置きっぱだぁ!

 どーすんだどーすんだ!この南極大陸を写真に収められないなんて耐えられない!急いで取りに帰らなきゃ!走って出て行こうとすると声がかかる。

「どこ行くのー?」
「ちょっとカメラ取りに帰るねん」
「頑張ってねー」

 呆れたような女の子の声が聞こえる。そうだよなー、途中に氷河があるよなー。どうやって帰ればいいんだ?近くにいるおじさんにすがるように聞いてみた。

「あのー、船って、すぐ戻ったりします?忘れ物、取りに戻れます?」
「どーだろーねー。大丈夫なんじゃないの?」

 なーんの参考にもなりゃしない。

 あ、船の船長さん!みたいな人だ!

「あのー、前の陸地にカメラ忘れちゃったんですけど、取りに戻るって、できますかねぇ?」

「どーだろーねー。大丈夫なのかなー?……あれ?君、腕から血が出てるよ」

 え?あぁ、血が出てるってか、乾燥して肌が荒れて、ちょっと血が滲んでるだけ……

「これはウイルスかもしれない!!ちょっと別のホテルに隔離しましょう!」

 いやいやいや何でやねん。そんな大層なもんと違うがな。コラコラコラ船長さん、なにを一人でパニクってんねん。そんな大騒ぎすることと違うがな。それよりカメラを……


 てなことやってるうちに目が覚めた。

 私は忘れ物が多いからなぁ。気をつけなきゃ。

悲しみのキャッシュバックキャンペーン

 さて、私はこないだ新しいカメラを買った。富士フイルムのX-Pro2というカメラだ。ほんの3〜4日前に買った。そして、富士フイルムからこんなメールが来た。

『X史上最大級、冬のキャッシュバックキャンペーン!!』

 なんか、ものすごい金額のキャッシュバックキャンペーンのようだ。そして私が買ったX-Pro2は、なんと、一万円のキャッシュバックが受けられる!!

 すげー!一万円だ!!これは応募要領をちゃんと読まなければ!そして、応募要領の最初の方にはこう書かれていた。

『ご購入対象期間 2018年11月22日(木)〜……』

 ん?

 2018年11月22日(木)〜

 ん?

 ん?

 今日は、2018年11月19日(月)である。


 そんな殺生なぁあああああ!!


 やめてぇな、見逃してぇな、たった一週間かそこらやん。一万円ちょうだいな!

 あかんのか?この発表を、せめて一週間前にやってぇな。私はどないしたらええんや!


 富士フイルム。嫌いになってまうど。



 - 今日の散歩写真。 の、追加 -

flickrの乱

 私は写真のバックアップにflickrを使っている。

 無料で1TB(1テラバイト)の容量が利用できる。私は6千枚以上の写真を保存しているのだが、それでも使用率は1TBの1%程だ。素人にとっては、無制限に利用できると言い換えても過言ではない。実に太っ腹なflickrである。

 ところが、来年からflickrの仕様が変わるのだ!

 無料で利用できるのが、1TBから、写真千枚までに変更されてしまうのだ!しかも千枚以上あげてる人は、古い写真から順に削除されてしまう!

 それはないがな。あんまりやがな。容量を1/10に減らす、とかなら分かるけど、いきなり千枚だけに減らすって、それはないがな。

 とゆうことで、こないだから一生懸命写真を削除している。ブログに利用している写真が削除されないように、それ以外を削除しているのだめんどくさいのだ。ほんで、ちょっと寂しい思いもした。

 私はブログに載せる以外の写真もいくつか公開しているんだけど、そうゆう写真を見てくれる人が何人かいる。数枚だけど、『お気に入り』ボタンを押してくれる人もいる。自分の写真を見てくれる人がいるというのは、ちょっと嬉しい。

 そして、そんな写真も削除している。ちょっと寂しいのだ。『自分の写真を見て欲しい』と、いう欲求が、どうも私にはあるようだ。

 とゆうことで、このブログにもっと写真を載せることにした。記事として載せることもあるだろうし、記事とは、まぁったく関係なく唐突に写真が張り付いてることもあるかもしれない。新しいカメラも買ったことだし、張り切って写真を撮っていこう!

 とゆうことで、最近の散歩写真です。

カメラを買った。

 とゆうことでカメラを買った。

 前回のブログで書いた新発売の最新デジカメ……ではなくて、同じメーカーだが2年前に発売されたカメラを買った。富士フイルムのX-Pro2というカメラだ。

 日進月歩のデジカメ界において、2年前のカメラと最新カメラでは勝負にならない。性能面では最新カメラの方が優っている。当然だ。2年前のX-Pro2の方が優っている点と言ったら、

 『変態性』だけだろうか?

 実はこのX-Pro2というカメラ、変態カメラである。あ、変態と言うか、趣味性に振り切ったカメラなのだ。

 もちろん画質も良いのだが、そうゆう実用性とは無関係な所に色々と力が入っている。ほんで、その変態性の最たるものがファインダーだ。

 デジカメのファインダーと言えば、記録される画像そのものが見える電子ファインダーが主流だ。明るさやら色合いやらがダイレクトに確認できるので、調整も簡単だ。電子ファインダーが付いていない一眼レフでさえ、撮影レンズを通したものがファインダーで見える。

 しかるにこのX-Pro2は、記録画像とも撮影レンズとも何の関係もない、ボディーの端っこに付いた覗き窓から見るタイプのファインダーだ。そこに白い枠が出て、だいたいこの辺の範囲が写りますよーと言うアバウトなファインダーだ。そう、一昔前のコンパクトカメラと同じタイプのファインダーなのだ。

 昔お父さんがレンズにキャップを付けたまま家族写真を撮ろうとして、「お父さん!キャップが付いたままよー!」と、お母さんに怒られる。今の時代誰が分かるねん!と言うボケが堂々とカマせるカメラなのだ。

 もちろん21世紀に作られたのだから、これに最新技術が投入されている。薄い透明な液晶画面を貼り付けて色んなデーターを表示させたり、ピント位置が分かるように、バラエティーのワイプ画面のような小型液晶画面を表示させたり、挙句の果てにはレバーひとつで全画面電子ファインダーに切り替えたりと、一周回って何やってんだか訳わかんないファインダーである。

 このファインダーの正式名称は、『アドバンストハイブリッドマルチビューファインダー』と言う。長い!仕様も変態なら名前まで変態だ。きっと開発者も変態に違いない。私も変態かもしれない。

 そんな変態カメラを担いで紅葉を撮りに行った。

 さて肝心の紅葉であるが、全然色づいていない。11月も半ばと言うのにほぼ緑だ。色づいているやつでも色が薄い(くすんでる?)のが多い。こないだまでTシャツで過ごせるほど暑かったせいだろうか?もう少し待ったらちゃんと色づくのかなぁ?ちょっと心配である。

 しかしそんな状況なのに、観光客の多いこと多いこと。平日だとゆうのに団体客までいたよ。ちゃんと色づく頃にはもっと多くなるのかなぁ?ちょっと心配である。


 とゆうことでX-Pro2であるが、色々と癖が強いのでまだ使いこなせていない。これからドンドン使って慣れていこう。

 ただ、このカメラには大きな欠点がある。……でかいのだ!私はでかいカメラが嫌いなのだ(じゃあなぜ買った?)。とりあえず、でかさに負けずに持ち出していこう。

 | HOME |  古い日記へ »

文字サイズの変更

プロフィール

たけやん

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2Ad

Designed by たけやん