たけやんのちゃらんぽらん夢日記

日々見た夢を綴って、心の平安をたもとうか、とゆうブログ

京阪電車一日券

 さて大阪には、京都・大阪間を走っている京阪電車という私鉄がある。私も子供の頃からよく利用している。そんな京阪電車には色んな種類の一日券がある。全線乗り放題な券から、一部区間のみ乗り放題な券まで色々だ。

 とゆうことで、八幡・宇治・伏見方面乗り放題券を握りしめ、そっち方面へと行ってきた。

 伏見には行ったことがあるが、八幡と宇治には初めて行く。ろくすっぽ下調べもしていないが、初めて行く街は心が踊るものである。


 まずは八幡である。八幡市駅を降りてすぐ、ロープウェイの登り口がある。このロープウェイも乗り放題券に含まれている。ちなみに、八幡・宇治・伏見方面乗り放題券は800円なのだが、私ん家から往復してこのロープウェイを使ったら、それだけで1,000円を超えてしまう。実にお買い得な乗り放題券である。

 さて、ロープウェイの頂上にあるのは石清水八幡宮である。当然ここも良かったのだが、私としてはその帰り道も良かった。帰りはロープウェイじゃなくて遊歩道で帰ったのだが、これがなかなか良い!ちょっと脇道に入るといい感じなのだ。

 ただ、残念ながら先日の台風の影響で通行止めの道もいくつかあった。たまたま地元(だと思う)のおばちゃんの話を聞けたのだが、今は通行止めの道の先には、山の上で湧き水が出ている所があるらしい。山の上で湧き水があるのは珍しく、石清水八幡宮の岩清水の名前の由来になっているらしい。

 う〜ん通行止めが解除になった頃に、もう一度来ようかな?

 さて、当初の予定より長居してしまった八幡だ。宇治の方はさらっと流して伏見へ行こう。

 と、思ったのだが、宇治が予想を超えてメチャメチャ良かったのだ。さらっと流すどころではなかった。

京阪電車一日券 その2

 とゆうことで宇治に到着です。さらっと流して次へ向かうつもりの宇治に到着です。

 駅を降りてちょっと進むと見えてきた。大きな川と、その向こうに見える低そうな山と、いっぱいの緑。

 あかんがな。さらっと流せるかいな、こんなトコ。

 私は緑が好きなんです。私は川も好きなんです。どちらかと言うと小川が好きなんですが、大きい川も好きです。緑が生い茂った山なんか大好物です。

 あかんがな。さらっと流せるかいな、こんなトコ。

 とゆうことで、腰を据えて、まずは川の近くを散策です。

 川が大きいので真ん中あたりに大きな中州があるのだが、残念ながら先日の台風で増水してしまい入れなかった。これは、もう一度来るしかあるまい。

 宇治は川だけでは無い。神社の類もすごかった。京都市内の神社仏閣は、どちらかと言うと光が射し、明るい開けたイメージなのだが、宇治の神社仏閣は森の中の神社、鬱蒼とした中にある神社、って感じだった。宇治の方がメチャクチャ好みなのだ。嬉々として歩き回った。写真もいっぱい撮ったよ。

 ちなみに最後の写真の場所、すごく気に入っている。御朱印とかをもらえる場所なのだが、どー見てもガレージセールやろ!すごくいいなー。


 初めて宇治に来てみたが…あ、橋の上からの眺めにメチャメチャ既視感があったから、昔遠足かなんかで来たかも知れない。何にしても、ものすごいお気に入りの街になった。ここでお腹いっぱいになったから結局伏見には行かなかったぐらいだ。

 まだまだ周りきれていない場所もいっぱいある。今度は宇治だけを目指して、なんだったら泊りがけで、また来たいぞ!

犬鳴山

 さて、夏も終盤が見えてきた今日この頃、残り少ない夏を満喫すべくお出かけしてきた。近所周りはネタが尽きつつあるので少し遠出して、関西空港近くの犬鳴山って所に行ってきた。しかし、あっついなぁー。


 犬鳴山はその昔、山伏が修行していた山らしい。山の上には滝があり、そこで滝行もしていたそうだ。

 そんな犬鳴山の雰囲気は、以前行った高槻の神峯山寺を濃くしたような感じだ。何と言うか、チャラチャラ歩くんじゃなくて、そこかしこに感謝しながら歩いた方が良さそうである。写真を撮る時も、『撮らしてもらいま〜す』と、心の中と態度で示しながら写真を撮っていた。

 さて、犬鳴山に行くにあたり少しだけ調べてきたのだが、犬鳴山のバス停から修行の滝までなら、往復で1時間ちょっとらしい。

 とゆうことでのんびりとお昼すぎに出発したのだが、私の歩みが遅い遅い。

 山道の景色がすごく私好みだったので写真を撮る撮る。しかも道が暗いから上手く撮れずにあーでもないこーでもないってやってたら時間ばっかりかかってしまった。修行の滝に着いた頃には4時を回っていたよ。急いで帰らなきゃ、確か5時50分だか6時50分が最終バスのはずだ。

 朝から来るべきだった。本当は、バスで来た時に途中で見つけた『水呑地蔵』って所にも行きたかったのだ(なんか、そそられる地名でしょ)。もうちょっとキビキビ行動しなきゃダメだよなー。ちょっと反省。

 ただ、遅かったおかげで帰り道は夕日が差して、それはそれはいい感じの景色だった。それだけは、ダラダラ行動してたおかげだな。

安治川トンネル

 私は散歩が好きで、しょっちゅうあっちこっち歩き回っている。そうやって歩き回っていると、時々面白いものに出会う。


 道を歩いていると、目の前に大きな川が現れた。川を渡ろうにも近くに橋は見当たらない。遠くの方に大きな橋が見えるが、あそこまで歩くのもなぁ。……ん?あの人はどこへ行くんだ?

 一人の女性が、まっすぐ川に向かって歩いて行く。そして、そのまま川の方に消えて行ってしまった。どこに行ったんだ?建物に入ったのでもなさそうなのだが……。

 ひょっとして、渡し船でもあるのか?

 ちなみにここは、大阪は西九条駅の近くである。今時、こんな都会に渡し船なんかあるのだろうか?もしあるのなら……絶対乗ってみたい!わずかな期待を胸に女性が消えた方へ歩いて行く。

 ほんでそこにあったのは、渡し船ではなくて、エレベーターの入り口だった。

 安治川トンネルと書かれてあるが……これ、海底トンネルか?!あ、川底トンネルか。

 エレベーターで川底まで行って、そこから向こう岸までトンネルで繋がっているのだ!しかもこのトンネル、普通に市民の足になっている。自転車に乗った人とかも普通に行き来しているのだ。渡し船ならぬ、渡しトンネルだ。

 このトンネル、気になって調べたのだが、なんと作られたのは戦時中なのだ!大きな橋を作ったら爆撃機に狙われるので、狙われないようにトンネルにしたらしい。その発想もすごいが、そんなものがいまだに現役で使われてるってのもすごい!

 日本でも珍しいトンネルらしいが(そりゃそうだ)、そんなものが身近にあったなんて全然知らなかった。


 いまだ知らない色んなものが、まだまだあるのだろう。

 だから散歩はやめられない!

大阪路面電車の旅

 大阪には今でも路面電車が走っている。天王寺や新世界方面から堺市の方まで、結構な長距離だ。

 で、最近知ったのだが、この路面電車には一日乗り放題券がある。しかも600円とリーズナブルだ。

 とゆうことで乗ってきた。


 一日券なのでもちろん途中下車し放題である。ので、途中下車しまくった。知ってる駅や、なんかいい感じだなーとか思った街や、『次降りまーす』と表示された駅なんかを降りて写真撮りながらテクテク散歩です。



 実際に乗って驚いたのだが、意外なほど見所が多い。住吉大社とかの有名どころは知っていたが、それ以外にも神社やら古屋敷やら鉄砲鍛冶屋やら下町やら…。とゆうか、事前にもっと調べときゃよかった。

 無計画に歩くからクタクタになったり時間が足らなかったりで、新世界方面には結局行かなかった。


 次行くときは、ちゃんと下調べしてから行こう。

 | HOME |  古い日記へ »

文字サイズの変更

プロフィール

たけやん

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2Ad

Designed by たけやん