たけやんのちゃらんぽらん夢日記

日々見た夢を綴って、心の平安をたもとうか、とゆうブログ

縁は異なもの

 えーーたけやんの夢とは関係ないシリーズ、どんどん行きます。もう、夢見ないから開き直ってるのだ。

 さて、私には一つ、人様に自慢できることがある。それは、『とんでもない偶然の出会いや再会』ってのがやたら多いのだ。めったやたらと多いのだ。
 海外旅行に行った際、ある国で出会った人と別の国で再会する。ってのも多い。ただし、こうゆう再会、海外旅行が趣味の人には実によくあることなのだ。しかし私の場合、それが日本ででも言える。
 インドとミャンマーで出会った人と心斎橋の商店街で再会したことがある。チベットで出会った人とヨドバシカメラで再会したことがある。イランで出会った人が仕事の転勤で大阪に引っ越して来たことがあって、住所を聞いたら私の家から自転車で10分の場所だったことがある。
 旅行以外にもあるぞ。わたくしが辛く悲しい失恋をしたとき、失恋の傷を癒す+新しい出会いを求めて、ある合唱団に入ったことがある。そしたらそこに、振られた女の子の友達がいたのだ。「いやー何でこんなトコにおるのん?ビックリしたー」って会話の後でその友達がこんなコトを言った。
「たけや~ん、○○ちゃんに、振られたんだってぇ~?(ニッコニコニコ)」
 ……何で知ってるねん!!


 さて、そんな偶然の中でも、とっておきのお話しをしましょう。

 それはまだ、私が真面目な会社員だった頃の話です。

 その頃私はある企業へ出向していたのだが、その出向いた職場ったら忙しいときと暇なときの差が極端な職場だったのだ。忙しいときは毎日夜遅くまで残業なのだが、暇なときは、日がな一日コーヒー飲んでボーっとしてるような職場だった。あ、ちょっと言い過ぎかな?まあ暇なときは暇な職場だったのだ。
 正社員ならまだしも、出向社員をボーっとさせてたんじゃあ金の無駄である。そうゆう時は、『応援』と称して、全く別の忙しい部署へお手伝いに行かされていた。
 ほんであるとき応援に行かされた部署は、とんでもなくクソ忙しい部署であった。もう、労働基準法とかが存在しないんじゃないか?ここだけ終戦直後か?詳しく書くと問題になるんじゃないか?ってぐらい忙しい部署であった。

 でね、そこで私と同じように他所から応援に来た人と知り合ったのだ。もちろん初対面だし別の会社の人だった。しかし同じ境遇だったし偶然同い年だったから、話が合って色々とグチをこぼしていた。
「いやー、忙しいとは聞いていたけど、想像以上に忙しい部署だねー」
「ホンマやがな。これ一歩間違えたら人身売買とちゃうか?」
 とかなんとか言いながら、話の流れで、「どこに住んでるんですか?」となった。するとこの人、なんと同じ駅から通っていた。
「えーー?私も同じ駅やがな。駅のどっち側?えー同じやんか。えーほんでどの辺なん?えー?ほうほう。ふ~ん。あれ~?」

 なんとこの人、私が引っ越したばっかりのアパートの隣の部屋の住人だったのだ!!いやビックリしましたがな!

 実はこの話、ウケると思ってある女の子に話したことがある。
「キャーーおっもしろ~い(目にはハートマーク)」
 てなリアクションを期待していた。しかし女の子が発した言葉は違っていた。
「こ、怖いーー」
 だった。
 え?怖いのか?あれ?なんで?予定と違うんですけど。ここで怖がられたら話の続きがでけへんがな。

 そう、この話にはまだまだ続きがあったのだ。

 その後も彼(Aさんと呼びましょう)と色々話をしたのだ。ほんでAさんが勤めている会社の名前を聞いたら、私の知ってる会社だったのだ。その会社には私の友達もいた。
「あれまあ、Aさんってあの会社の人やったんや。そこに友達おるで、○○君って人なんや」
「おいおい、そいつ、オレの同期だよ」
 な、なんやってーー!ホンマかいな。
「おい、彼と友達ってことは、同じような職種なのか?」
「あーうんうん。まあそうやね。出張先でも良く一緒になるし」
「なら△△君って知ってる?」
「おーー知ってる知ってる。△△君とも時々出張先で会うよ」
「△△君は、あなたの部屋の、道をへだてた、向かいの部屋に住んでるよ」

 ……な、なんやってぇーー!?

「じゃあさあ、□□君は知ってる?」
「し、知ってるけど、まさか彼も同じアパートなん?」
「今は引っ越しちゃったけど、□□君は、あなたの部屋の、前の前の住人だよ」

 ……な、なんやってぇーー!?

 どないなってるねん。わたしゃあのアパートはなじみの電気屋さんに紹介してもらったんやでぇー。
「あれ?なじみの電気屋さんって、ひょとして、☆☆さんのこと?」
 え?☆☆さんも知ってるの?あ、まあ、近所の電気屋さんだから知ってても不思議じゃないよな。
「☆☆さんってさあ、だいぶ前だけど、実はうちの会社にいたんだ。私の先輩だったんだよ」

 え?なんやなんやなんや、そんなこと全然知らんかったがな。ど、どーなってんの?ドコがどーなって何があーなってつながってるんかわけ分からんがな。

 ほんまに、『縁は異なもの味なもの』やねえ。



 ところで、この記事を書くにあたって、『縁は異なもの味なもの』って言葉を検索してみた。まあ、漢字が合ってるかの確認のためなんだけどね。そしたら、この言葉の本当の意味を初めて知った。
 男女の縁は常識では考えられない不思議でおもしろいものであるの意。

 だそうである。あれまあ、この歳になるまで違う意味で覚えてたがな。

 あれ?ってことは私ったら、そうゆう意味での出会いや再会は、皆無じゃないかぁあああああ!

空飛ぶネズミ

 えー今日は夢の話じゃなくて私が昔目撃した変な動物の話です。

 10年ぐらい前、私は自転車で会社まで通っていた。川の土手をのんびり走って通っていたのだ。ちょっと遠回りのルートだったけど、渋滞にも排気ガスにも悩まされないで朝のさわやかな空気を吸いながらの快適な通勤だった。
 ただ、いっつも寝ぼけながら走っていた。同じように寝ぼけながら走ってる人がいたんだろうね、一度自転車同士で正面衝突したことがあった。ボーっと走ってて、「あー向うから自転車が来るなーまー向うがよけてくれるだ・・・」ガッシャーン!ってなったのだ。
 お互い寝ぼけ者同士、ケンカにもならず「あーこりゃこりゃ」「あーどーもすんません」「いやーこちらこそ」とか会話とは言えないような挨拶みたいなのを交わして別れた。いやあーのんびりしたいい通勤だったねー。って前置きが長いぞ!

 とゆうことでそんな寝ぼけ通勤をしていたある朝、自転車で走ってる先に変な物がいた。黒い布だかビニールみないなのを引きずってモソモソ歩いている変な動物がいたのだ。
 私は最初、ネズミかなんかだと思ってた。しかしネズミにしてはデカイなぁ。何を引きずってるんだろう?歩きにくかろうに。ほんでその動物の後ろには、ネクタイしたおじさんが立ち止まってじぃーっとそいつを見つめていたのだ。見てないであの布取ってあげりゃあいいのになぁー。とか思いながら近づくと、
 バァッサバァッサバッサァーーー
 と、飛んだ!!
 あ、あの引きずってたのは布じゃなくて翼だったのかぁ?!その飛翔する姿はまるで尾長鶏のようだった。けっこう遠くまで飛んでったぞ。でもあいつは四つんばいで歩いてたよなぁ。ほんで黒っぽかったよなぁ。あれ、何ですか?

 あれは何だったんだろうか?空飛ぶ哺乳類?翼のあるネズミ?
 今思えば何であの時そばにいたおっちゃんに聞かなかったのかなー?なんにも言葉を交わさず別れてしまった。ちょっと後悔

局地的タイムトリップ?

 今回も夢の話じゃありません!なんかぜんぜん夢日記になってないぞ。
 とゆうことで、昔体験した珍しい話。

 10年ほど前、私は転勤で九州は博多に住んでいた。唐人町って所だ。博多は物価も安くてメシもうまくて、職場にも繁華街にも海にも、ぜーんぶ自転車で行く事ができる私にとっては夢のような町だった。

 そんな博多生活のある休みの日、お昼ご飯を近所の食堂に食いに行ったんだな。始めて行く食堂だった。畳敷きで木のテーブルがいくつかあるちょっと古ぼけた食堂だった。メシが来るまでマンガでも読むかと、テーブルの下にあるマンガ本に手を出した。少年マガジンだった。
 なんか、おそ松君が載っていたのだ。それ以外にも、ものすごく懐かしいマンガばっかり載っている。広告まで昔風の広告なのだ。
 あー、こりゃ昔の復刻版かなんかだな。こんなのが売ってるんだ。知らなかったよ。
 懐かしいなーとか思いながら読んでいて、他のマンガ本にも手を出した。そして、それも古いマンガだった。
 ・・・復刻版じゃねーよ!本物だよ!びっくりして他のマンガも漁ったが、とんでもなく古いマンガがドサドサ出てきた。なんやねんコレ!このマンガ、何十年ここに置きっ放しなんや?あ、ご飯が来た。

 博多は不思議な町だ。大ざっぱとゆうかなんとゆうか。あのマンガ本、それなりの店に持って行ったらけっこうな高値で売れたんじゃないか?

 ほんでね、今思い出しても不思議なんだけど、私はそれ以降、二度とその食堂には行かなかったんだ。たった一度だけ、もう一回行こうとしたんだけど、その店を見つけられなかった(ちなみに私は重度の方向音痴である)。
 うーーん、何でもう一度行かなかったのかなー?もったいない話だ。

死んだらどうなっちゃうの?

 さて、今回も夢の話じゃありません。ってか最近夢見ないんだよー。多分見てるんだろうけど、かたっぱしから忘れてひとっつも覚えてないんだよー。
 
 とゆうことで、今回は人間死んだらどーなっちゃうんだろう?と、ゆうお話。
 
 実はわたくし、一度殺されかけたことがあるんです。あ、詳しくはここを見てね。
 
 とゆうことで、ボリビアはラパスってゆう町で強盗さんに首締められちゃったんです。キューって感じで。ほんで落とされちゃったのね。失神してしまったのだ。
 実は私、昔柔道をやっていた。はい、締め落とされるのはなれっこです。ベテランだね。しかし、その時に締め落とされた状態は、柔道で締め落とされた時とはずいぶんと異質のものだった。
 なんとゆうか、すごく深かったのだ。落ち方が。落とされた時になんか変な夢を見た。しかもすごく長~い夢だ。ほんで、目が覚めた時に時間感覚がおかしくなっていた。
 強盗に締め落とされたのが、何年も昔のように感じられたのだ。ついさっき(とゆうか今)のことなのに。
 でね、目が覚めたのはまだ首締められてる最中だった。締められてる状態で目が覚めたんだな。これも昔柔道やってたたまものなんだろうか?ま、そのおかげでもっとヒドイ目にあうんだけどね。
 ほんで、今まさに強盗その1が私の首を締めてて、強盗その2が私の荷物をあさっている。
 私、その状態で暴れてしまったのだ。それがいけなかったんだろうねー。強盗さんはあせったんだろうねー。強盗その1が私の首をさらに、さーらに強く絞めたのだ。あぁっとゆう間にまた落ちちゃったよ。
 
 
 
 さて、先ほど、強盗に落とされた時は柔道のそれとは異質だと書いたけれども、しかし、異質ながらも十分に想像できる範囲内であった。
 あーー柔道で落ちた時を、もっと、もーっと強烈にしたらあーなるんだろうなーと、想像ができるのだ。
 しーかーしー、二度目に落ちた時は違った!想像なんてできやしない。もう、完全に別物だ。あ、あれは、死ぬ手前だったんだなー。あーー死んだらこーなっちゃうんだー。私は実感してしまったよ。
 
 二度目に落ちた時の状況を、端的に表現するならば・・・
 
 『無』
 
 もう、何にも無いんだ。時間とか、空間とか、そんなもん何にも無いんだ。完全に『無』なんだよ。『黒』なんだ。その後も自然に目が覚めたけど(犯人は逃げていた)、落ちてから目が覚めたまでの時間もない。なんかその間だけスイッチを切られてたみたいだった。
 
 死んだら天国に行くとかあの世に行くとかって言うけど、そんな所無いのだ。『無』に帰るだけなのだ。
 よく臨死体験の人が三途の川が見えたとか死んだおばあちゃんに会ったとか言うけど、それはきっと、私が最初に落ちた時の状態だったんだろう。そーゆーのが見えるってことは、まだまだ死は遠くの方にあるんだと思う。
 
 たまたまこの話を知り合いにした時、その人は驚いていた。その人の友達も全く同じ事を言っていたと言う。
 その人の友達は交通事故に遭ったそうなんだけど、一週間昏睡状態だった。幸いにして一命をとりとめたんだけど、その人は昏睡状態だった時の事を、『無』と表現したそうだ。
 交通事故に遭ってから目が覚めるまで、時間は全く感じなかった。交通事故の次はベッドの上だった。その間は、『無』だったと。
 
 だからさー、人間死んだらおしまいなのだ。あの世に行って楽しいぜーってのは嘘っぱちなのだ!私ゃ死にたくないのだ!
 死んだらもう全て無くなっちゃうんだ。後はないんだ。だから、だからこそ、時間を大事にしたい。一日一日を有効に使いたい。人の目なんか気にせずにやりたい事を思いっきりやりたい(あ、人に迷惑かけない範囲でね)。一日無駄に過ごすなんてバチが当たるぞ。
 
 昔、淀川長治さんが、コンサートでこんなことを言っていた(あ、歌のコンサートに講演でゲスト出演したのだ)。
 
「今日の15日という日は、本当に大事な日なんですよ。だって、15日は一年でたった12回しかないんですもの。その大事な日を大切にしないでどーするんですか。たった12回しかないんですよ。
 だけど、7月15日は一年で一回しか無いじゃないですか。あーーなんて今日は大事な日なんでしょう!一生懸命しゃべらなきゃ!あーーーそんなこと言ったら昭和54年の7月15日は一生のうちで一度しかないじゃありませんか!今日は一生のうちで一度しかない大事な大事な日なんです、本当に一生懸命しゃべらなきゃ!・・・」
 
 実はね、今日はね、私、ものすごく無駄に過ごしちゃったんですよ。一生のうちでたった一回しかない2005年の7月14日とゆう日を、ものすごく無駄に過ごしてしまったんです。
 だから、なんとゆうか、反省とゆうか、明日こそは大事にしようとゆうか、そうゆう気持ちがあって、なんちゅうかダラダラと書いてしまった。
 みなさんも、一日一日を、大事に過ごしましょうね。

ペチャクチャ ペチャクチャ……トントン

 今回は夢の話じゃありません。私が実際に体験した話です。
 
 それは私のお母ちゃんの、通夜の夜でのことでした。
 親戚が大勢集まり、狭い部屋でペチャクチャおしゃべりをしていました。暗い雰囲気よりも、明るく送り出すとゆうのはきっと良いことでしょう。
 しかし、その親戚のおしゃべりとは別に、違うペチャクチャが私には聞こえるのです。どっから聞こえてくるのかは分かりません。しゃべってる内容もさっぱり分かりません。ただ、暗い雰囲気や不気味さは全く感じないのです。あえて言うならば、二人ぐらいでやってるラジオのDJ、とゆう感じでしょうか。
 そして、このペチャクチャDJ、実は以前にも聞いたことがあるのです。
 
 それは十年ほど前、私がまだ真面目なサラリーマンだった頃のことです。
 その頃私は、特殊な通信機の修理や定期点検の仕事に従事していました。
 そして定期点検のため、とある山の上にある無人の中継所へ出張したのです。メンバーは、私と後輩の二人。
 その中継所は、低い山の頂上手前にありました。その奥には、何やってんだか全然知らない何かの研究所があって、道はそこで行き止まりです。つまりここへ来る人は、中継所に用のある人か研究所の人だけなのです。
 ちなみにこの場所、うちの会社では『よくお化けが出る』ことで有名な場所でした。
 しかし私はここに何回か来てるのですが、一回もお化けに会ったことはありません。なので、その日も、なーんにも気にせず仕事を始めたのです。
 
 仕事を始めてしばらくたつと、どっかからペチャクチャペチャクチャ聞こえてきました。やっぱりラジオのDJみたいです。
(どこかのラジオか通信が混信してるのかな?それでこんなのが聞こえるんだろうか?)
 だけど、ここにある機械類は全部電源を落としているので、混信するようなものはなんにもありません。
(なんなんじゃこの声は?どっから聞こえてくるんや?)
 
 ガチャ!
 
 後輩がいきなりドアを開けて外を覗きだした。
 どうしたんだろう?と思いながらもそのまま作業を続けていると、
 
 ガチャ!
 
 彼がもう一度外を覗いている。
(何やっとんじゃアイツは。外覗いてなんのつもりや?)
 後輩の、そのわけ分からん行動のおかげで、ペチャクチャしゃべりも気にならなくなり(聞こえなくなった?)作業を進めることができた。そして、しばらくして私がドアの近くで作業しはじめた時、
 
 トントン
 
 誰かがドアをノックしている。
(誰がこんなトコに来るんや?ドライブしてるヤツが道に迷ったのかな?)
 誰だろう?と思ってドアを開けると、そこには誰もいない。
 あれ?確かに誰かノックしてたんだけど、あれ?
 ま、いいか。そのまま作業を続けた。そしたらまた
 
 トントン
 
 誰じゃコラ!イタズラかぁ?
 私は急いでドアを開けた!・・・誰もいない。そんなアホな!確かにノックは聞こえたのに!どっかに隠れてるのか?
 外を探したけど誰もいない。
 なんやったんや今のは?・・・そーゆーたら、アイツもドアを開けて外を覗いてたよなあ。
 ゆっくり振り返ると、後輩が奥の方から私を見つめている。不安と期待をいっしょくたにしたような目で私を見つめている。
「お、お前なぁ、さっき二回ぐらい外を覗いてたよなぁ」
 激しく首を上下に振る彼。
「だ、誰かノックしてた?」
 激しく激しく首を上下に振る彼。
 うっひゃーーーー!なんやなんやコレなんや!
「お、お前、あれなんや?誰がノックしてたんや?」
「そんなの分かりませんよーー。きっとお化けですよーー。早く帰りましょう!」
 
 その後私達は大急ぎで仕事を済ませ(ドアは開けっぱなしだ)、予定よりも早くその場を後にした。
 
 あれはきっと妖怪だ。いや、コロボックルのたぐいだ!コロボックルがイタズラしてたんだ!
 
 その後、私は二度とそこには行っていない。仕事が入っても、なんやかんや言い訳して他のヤツに行かせたのだ。
 だって、やっぱり怖かったんだもん!

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2Ad

Template by たけやん