たけやんのちゃらんぽらん夢日記

日々見た夢を綴って、心の平安をたもとうか、とゆうブログ

人生の縮図

 二羽の鳩が、道でエサを奪い合っている。

 パンくずか何かだろうか?お互いのクチバシで突き合っている。勢い余ってパンくずが少し離れた所に飛んで行ってしまった。

 スズメが離れたトコからピャーっとやって来てパクっと咥えてピューンと飛んでった。

 唖然とする二羽の鳩。まさに、鳩が豆鉄砲くらった。


 よしっ!あのスズメのように生きよう。

不平不満を言う前に

 通販で財布を買った。二つ折りの小さな財布だ。一応本革製だ。

 ズボンのポケットにも楽に入るような小さい財布が欲しくて色々探していた。当然安いやつだ。この手の安財布は大抵が中国製なのだが、その中にインド製のやつがあった。写真で見る分には良さげな財布で小ささも理想的だ。インド製って言うのも、なんかいいよね。

 とゆうことで注文した。んで届いた。

 すごくいい!革もいい感じの革だし、なんたってすごく小さい!これはいい買い物をした。

 …が、小さい!どこもかしこも絶妙に小さい!

 札入れの長さがお札とほぼ同じ長さですんなり入らない。お札5枚ぐらいが入れられる限度じゃないか?カード入れもこれまたギチギチですんなり入らない。カード入れに全部カード入れたら二つ折りにできないじゃないか!小銭入れは蓋が大きく開いて良さげなのだが、蓋を閉じたらペッチャんこになって、そもそも小銭があんまり入らない。

 なんとゆう絶妙な小ささだ。それぞれをほんのちょっとだけ大きくすれば、使い勝手が格段に良くなるのに。

 と、本来なら文句の一つも出るのだが、それを見越したかのような一文が、通販サイトには書かれていた。こんな感じの一文だった。

 財布にカードやら小銭やらをいっぱい入れてパンパンにしてる人がいますよね。あれって、みっともないですよ。それに、革にとっても良くありません。革が伸びてダメになっちゃいますよ。

 小銭はこまめに使って増やさないようにして、カードもそんなにいらないでしょ?あれもこれもじゃなくて、必要なものだけを持ち歩く努力をしましょうね。

 なんとゆう手前勝手な言い草だ。小さく作りすぎたのを詫びるどころか、お前らが財布に合わせろってことだ。実にインド人らしい発想だ。

 しかし、小さい財布を買ったのに、そこにいっぱい物を入れたい。っていうのも、それはそれで手前勝手だよなぁ。財布の中身を少なくする努力を……するか?


 なんか、インド人の口車にまんまと乗ってしまったみたいな感じだが、それはそれで、悪くないかな。

おじさん、オシャレに目覚める

 わたくし、ファッションにはてんで興味がありませんでした。衣服に関しては『機能』が最優先でした。

 夏ならば涼しくて汗がすぐ乾く服。冬ならば暖かい服。特に薄手で暖かいってのが好きだ。なのでそうゆう機能の服を見つけると、つい手が出てしまう。

 ちなみに今のお気に入りは、コロンビアってメーカーが作ってるオムニヒートって防寒着だ。裏面にアルミ箔が貼ってあって、薄くても熱を逃がさなくて暖かいのだ。

 とゆうことで、服を買うときは機能と値段が購入の決め手だった。

 ただ、色に関しては赤系統の色が好きなので、特にアズキ色が好きなので、その手の色があればそっちの方を買っていた。


 んでだ、こないだ、いや、今日なのだが、道を歩いているときにハタと気がついた。

 俺って今、全身アズキ色じゃん!

 靴からズボンから上着から中のインナーまで、全部アズキ色だった。

 これはちょっとひどいよな。これでは、『妖怪アズキおじさん』じゃないか。せめてインナーだけでも別の色にしようと思って家に帰って服を物色した。

 タンスに入っている着れそうなインナーを探したのだが、そこに並んだ色は、

 赤と紫とアズキ色。……だけだった。

 ヒエ〜〜なんだなんだこの片寄った揃え方は。今まで気にしてなかったから気がつかなかったけど、バリエーションのかけらもない服の色だ。

 とゆうことで、もうちょっと着るものに気を使おう。服のセンスはないので、せめて色ぐらいは気を使おう。と、思った年の初めでした。


 さて、何色の服を買おうかな?黄色はちょっと派手だな。オレンジ色がいいかな?

新年に寄せて

 明けましておめでとうございます。

 相変わらず更新が間延びしております本ブログですが、今年もよろしくお願いします。


 とゆうことで新年です。が、実は私、あんまりお正月に思い入れがないのだ。お正月だー。新年だー。とか言われても、あんまり気持ちが盛り上がんないんですわ。どっちかって言うと、「あーまた一つ歳をとっちゃうなー」って思うんですわ。

 しかし、せっかくの新年に暗くなってもしょうがないので、最近は気持ちを切り替える意味でも、年頭に『今年の目標』を掲げることにしている。

 とゆうことで今年の目標ですが、

『筋肉を付ける!』

 に、した。

 いやーこないだね、ふとしたことで自分の裸を鏡で見たのよ。ちょっとびっくりした。「誰だ、これ?」とか思っちゃったのよ。なんと言うか、フニャフニャなのだ(ぶよぶよ?)。筋肉のきの字もない。

 わたくし、自慢じゃないが昔はそこそこ筋肉が付いてたのよ。胸の筋肉だってピクピク動いてたのよ。今はピクリともしないが。

 年だから仕方がない。って言ってしまえばそれまでなのだが、ボディービルやってるおじいちゃんだっているんだから遅すぎることはないよな。たまたま『体幹ストレッチ』ってのを始めた同僚もいるので(5分ぐらいだけど、ハアハア言って汗かいてた)、それを見習おうか?


 とゆうことで、まずはその手のストレッチ系動画を、YouTubeで探すとこから始めよう。

スペックの弊害

 さてレインウェアを買いに行った。脇の下にジッパーがあって、こもった熱を逃がせる奴がいいな。防水性よりも通気性を優先する私である。

 ほんで買いに行ったのだが、最近のレインウェアって前面のジッパーがむき出しになってる奴が多いのだ。ジッパー自体が防水になってる止水ジッパーって言うらしい。

 以前のはカバーって言うか、ジッパーの前面にフラップがあって、それで蓋をしていた。私としてはそっちの方が好きなのだ。雨が激しくない時はジッパーを閉めずにフラップだけでとめていた。そうした方が空気が入ってきて蒸れにくいからね。

 ほんで、そうゆうのがないか店員に聞いてみた。…のだが。

「最近は、軽量化や畳んだ時のコンパクトさを優先していますので、少しでも軽くコンパクトにするためにフラップを付けていないんですよ」

 いや、あの、たかがフラップじゃん。長細い布切れじゃん。なくしたからって数グラムしか違わないでしょ。もっとこう、機能を優先するって言うか。

 そう言えば、似たようなことがリュックサックでもあった。

 昔、私が愛用していたリュックサックには、内部に金属製のフレームが入っていた。そのフレームは、使う人に合わせてある程度の位置が調整できるようになっていた。それによって、すごく背負いやすかったのだ。どんなに荷物が重くても軽々と背負えていた。

 ほんでそれが壊れた時に、似たようなのを買いに行ったのだが、

「最近は軽量化やコンパクトさを優先していますからねー。金属フレームなんて重いのは入ってないんすよー。これなんてどうっすかぁー○○gで軽いっすよー」

 いくら軽くたって、背負った時に重く感じたら意味ないじゃん。カタログスペックの○○gって数値を優先しているらしい。

 そんなに軽さって大事なのかぁー?ペラッペラの薄い布だと引っ掛けてすぐ破けちゃうじゃん。カメラだってそうじゃん。軽さ優先でプラスチックで握ったらギシギシ言うのが多いじゃん。


 質実剛健。丈夫で長持ち。そんなのは流行らないのかなぁ。


 と、ゆうことで、ちょっとしたグチでした。

 | HOME |  古い日記へ »

文字サイズの変更

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2Ad

Template by たけやん