たけやんのちゃらんぽらん夢日記

日々見た夢を綴って、心の平安をたもとうか、とゆうブログ

新作アコギ弦のモニター

 シルドラボラトリーとゆう所から、新型アコギ弦のモニター募集のメールが来た。

 以前、ここから“ビンテージパッチ”とゆう商品を買った事があるが、『以前御購入頂いたお客様へモニター募集のメールを送らせて頂きました』的な事が書かれてあった。

 なんにしてもタダで新開発の弦がもらえるのだ。当然『ちょうだい!』ってメールを返した。ほんで送られてきた。

 さっそく我が愛器、Republicの小さいギターに張ってみた。

 ちなみにこのRepublicギターの特徴であるが、『間の抜けたほがらかな音』である。
 基本的に『張りのあるキラビヤカな音』が良いギターの音とされているが、ある意味それとは対極をなす音である。
 まあ、まともなギターでのモニター報告はイッパイあるだろうから、こうゆう変わったギターの報告もあった方がいいでしょう。


 とゆうことでさっそく張ってみたのだが、この弦、張りたてと数時間後と、ほんで3〜4日経ってからでかなり印象が変わった。
 シルドさんからは「一週間経ってから感想を書いてね」的な事が書かれてあったが、弦が馴染むまで少し時間がかかるのかも知れない。

 とゆうことで張りたて直後の印象は、『地味な音』であった。

 正直弾いていても楽しくないのだ。ちょっと困ってしまった。「楽しくないよー」って書くのもなんだし、ウソ書くわけにはいかないし…。

 ところが、数時間後にその印象が変わった。

 すごく透明感のある、明るく爽やかな音である。響きも二割増しぐらい大きくなった。
 きっと、こうゆう音が好きな人や、こうゆう音が合う弾き方もあるだろう。

 しかし、『弦の音』としての個性が出過ぎるのだ。

 弦が主張しすぎてギター本来の個性を殺している。
 Republicギターの間の抜けた感やほがらか感が消えているのだ。音としては良いのだが、やっぱり弾いてて楽しくない。
 なんか腕白小僧が無理やり上等なスーツを着ているような感じだ。ひとっつも似合っていない。

 やっぱり困ってしまった。「楽しくないよー」って書くのもなんだし、ウソ書くわけにはいかないし…。

 ところが、3〜4日経ってまたまた印象が変わった。

 ギターの個性が復活したのだ。

 間の抜けたほがらかな音が帰ってきた。その上で弦の個性が出ている。

 何と言うか、ギターの個性を残しつつシャープな感じですね。ほんでそれも日々変わってきてまろやかな方向に行っている(様な気がする)。
 ほんで優しく弾いた時の心地よさは三割増しです。響きがキレイですね。夜なんか優しく弾くとうっとりしてヒジョーに心地いい音です。
 どっちかって言うと、強くブンチャカ弾くよりは優しくメロディアスな弾き方が合っているのかも知れない。

 と、褒めてばっかりもアレなので、悪い点もちょっと。

 すごく響きが大きくなっているのだが、多分弦がより大きく振動しているんだと思う。その為、強く弾くと大きく振動した弦がフレットに干渉してビビり音が出てしまう時がある。
 あと巻き弦が少し引っかかる。一週間経ってだいぶましになったが、交換したては「アレ?」って思うぐらい引っかかっていた。

 悪い点はそれぐらいですね。
 なんにしてもヒジョーに気に入りました。ちゃんと製品になったら値段はいくらぐらいになるんだろう?

 できたら安くしてね。

 え〜っと、文章だけだとアレなので、音源も置いときます。
 あ、ギターの腕がどーのこーのは無視してね。音の方を聞いてね。

 新作アコギ弦の音源

壊れたギター復活!

 さて、こないだブリッジが剥がれちゃったギターを自分で張り直した。

 一番厄介なのがボディーの塗装をブリッジのサイズに合わせて剥がす作業だ。
 剥がしがはみ出さない様にテープ張ってマーキングして、カッターと彫刻刀で慎重に削って行く。もっとも繊細さが要求される作業だ。

 ちなみに私の中の『繊細』は、『てきとう』とか『大ざっぱ』とかに侵食されて絶滅寸前である。案の定ちょっとはみ出しちゃった。

 ほんで剥がし終わってテープを取り除いたのだが、

 はみ出したのはちょっとどころではなかった。

 まあ音には直接関係ないし、こんなトコ誰も見ないからいいか。


 ブリッジ接着も無事終わって、いよいよ弦を張ってちゃんと音が出るか確認だ。音の違いが分かるように、いつも張ってる弦に張り直してジャラ〜ンと弾いてみた。

 ……いいじゃん!

 なんか、音の抜けが良くなってる。ずいぶんクリアーな音だ。

 ちょっと性格が変わっちゃったような気もするが、これはこれですごくいい感じの音だ。

 見てくれ悪くなったし他にも色々手を加えてるから、下取りに出してもきっと金にはならないだろう。

 とゆうことで、このギターも大事に使おう。

ブリッジはがれちゃった

 職場に置きっパにすることが多いHeadwayのHCG-45Rというギターの弦交換を行った。
 今回はいい音が長持ちするコーティング弦とゆう高価な弦を張ってあげたのだ。
 ほんで交換し終えてチューニングしていると


 ベキバキボンッ!


 な、なんか致命的な音がブリッジ付近でした。

20121129_1.jpg

 ぶ、ブリッジはがれちゃったよ!

 最近低音がこもるようになったなーと思っていたが、これが原因だったのかも知れない。

 しかしブリッジの接着が思いっきり雑だ。
 本来なら接着剤をまんべんなく薄く付けるのだが、思いっきり団子で、しかも所々にしか付いていない。

 あれ?よく見てみると、ボディーの塗装の剥がしとブリッジのサイズが合っていない。

20121129_2.jpg

 ブリッジはボディーに直に接着する必要があるので、その部分の塗装を剥がして接着するのだが、ブリッジのサイズに合わせてキッチリ剥がすのだが、

 剥がしのサイズの方が小っちゃいヤンケ!

 これやったら塗装の上に乗っかってるだけヤンケ!

 塗装は少し厚みがあるので、塗装の上に乗っかってるってことは、ブリッジがボディーそのものに接触していないのだ。肝心の部分が少し浮いているのだ。
 あ、それで浮いた部分を無理やり付ける為に接着剤をてんこ盛りにしたんだ!

 なんとゆう手抜き作業だろうか。さすが中国製だ。


 さて、この状態を直すには、

 てんこ盛りの接着剤をキレイに剥がして平らにして、その上でボディーの塗装をブリッジのサイズに合わせて剥がし直さなきゃいけない。結構厄介な修理だ。

 修理屋さんに頼んだら、修理代は購入代金を軽く超えるだろう。

 ……自分で直すしかないよなぁ?

 で、出来るのか?オレ?

Republic Guitar

 さてここ最近、こないだ買ったRepublicの小さいギターをずっと弾いているのだが

 もう、メッチャクチャ楽しい!

 なんかさぁ、気軽に弾けるのだ。なーんも考えずにブンチャカ弾いてるだけで楽しいのだ。間の抜けた感満開の音でリラックスできる。

 なんかギターが「あたしったらこんなギターだからさぁ、そんな気合い入れなくてもいいさー。気合い入れて弾くのはほかのギターに任せて、あたしん時はリラックスして弾いてちょうだいよ」って言ってるみたいだ。

 私はブルーグラス系のフラットピッキングが好きで、いつもそうゆうのを弾いているのだが(そこそこ気合いが必要)、このギターに関しては全身の力を抜いて、「ほげ〜〜」って感じで弾いている。またそんな弾き方が似合うのだ。

 ほんで小さいギターだから当然音量もそこそこ小さい。軽〜く弾くと夜でもそんな近所迷惑にはならないのだ。

 ほんでまたこのギター、軽〜く優しく弾くとその本領を発揮する。
 小さいくせに響きは豊潤なのだ。夜優しく弾くと、「あれ?お前けっこうやるじゃん」って、このギターを見直す。

 そんなこともあって夜は夢中になって弾く事が多い。気がついたら1時頃になっているのだ。最近夜更かしなのだ。

 なんか、安いくせにいい買い物をしたな。

こんなものを買うつもりではなかったのだ。

 サウンドメッセ大阪2012。ギターの展示会である。今年で三回目である行ってきたのである。

 相変わらず買いもしないくせに高級ギターをいっぱい弾いてきた。ほんでその中の一本、とてつもなく気に入ったギターがあった。おいそれと買える値段ではないのだが本気で欲しいと思った。
 ちなみに高級ギターで真剣に欲しいと思ったのは初めてだった。
 色々と計算したが、月にン万円ずつ貯めれば二年後には買える。…それまで売れ残っていればの話だが。


 とゆうことでそれとは別に、すぐに買おうと思ったギターがあった。

 これである。

ネックだけのギター

 ネックだけのギターだ!ボディーが無いギターだ!

 トラベラーギターと言うらしい。当然このままじゃあ音なんか出ないが、アンプにつなげればちゃんと鳴るらしい。

 …りょ、旅行に持って行きたい。
 私は長年旅行に愛用していたマーチンバックパッカーとゆうギターを持っていたのだが、長きにわたる酷使によってついに壊れてしまったのだ。ので、今旅行に持って行くギターが無いのだ。

 このネックだけギター、いいじゃん!詰め込めばリュックの中にも入りそうだ。手のひらサイズのアンプを買えばどこでだって鳴らせる。

 が、幸か不幸か展示してあったのはクラシックギターバージョンのやつだけだった。フォークギターバージョンも作っているそうだ。

 とゆうことで、日を改めて知っている中古楽器屋を片っ端から探して回った。正直このギターを新品で買うのもなんだかなーって思ったのだ。中古で2万円ぐらいで無いかなーと甘い考えを抱きながら探しまくったのだ。


 無い。


 どっこにも無い。


 中古どころか新品すら無い!


 あきらめて弦でも買って帰るかなーと入った最後の店で、へんてこりんなギターを見つけた。

 小さいギターである。小さいと言うか、細いギターである。
 最初に見た時、そのシェイプが目が留まった。

 最初の方に『とてつもなく気に入った高級ギター』と書いたが、そのへんてこりんギター、シェイプだけはその高級ギターに良く似ているのだ。もちろん値段は雲泥の差であるが。

 弾かせてもらうと、間の抜けた明るい音だった。
 『癒し系』とは違う、何と言うか『ほがらかな音』だ。

 たまたまそのギターを買い付けた店員さんと話をしたが、買い付けた本人も「よく分かんないギターなんですよねー。ネットで探しても詳しく載ってなくて」と言っていた。
 実に購買意欲をかき立てるセリフではないか。

 衝動買いはいけない。ここはちょっと頭を冷やすべきだ。
 頭を冷やすべく店を出て牛丼を食いに行った。牛丼屋に行く前になぜかお金を下ろしていたが。


新しく買ったギター 隣には以前買ったギター


 はい。買っちゃいました。

 右隣のギターは、以前に買ったHeadwayのHCGとゆうギターだ。
 これも小振りなギターだが、今回のギター、それよりも小っちゃい。とゆうか細い。
 『Republic』とゆうメーカーらしいのだが詳しい事は分かんない。

 それでも、

 これを持って旅行に行くのだ!

 ところが、ちょっとした誤算だったが、この安物ギターに何とハードケースが付いていたのだ。そこそこ立派なハードケースである。
 それは嬉しいのだが、重いハードケースをぶら下げて旅行には行けない。かと言って、こんな特殊な形のギターに合う市販のソフトケースなんか売ってないだろう。

 どうしたもんかなぁー。


 いっそのこと、自分で作るか?

 | HOME |  古い日記へ »

文字サイズの変更

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2Ad

Template by たけやん