たけやんのちゃらんぽらん夢日記

日々見た夢を綴って、心の平安をたもとうか、とゆうブログ

体中に種が!

 何かね、鏡見たらね、顔の左半分に小さな黒い種がいっぱいあるんだ。ちなみに、私はスキンヘッドなんだけど、その時はなぜか長い目の髪の毛が生えていた。髪をかき上げると黒い種が見えるのだ。
 で、次の場面では顔じゃなくて胸からお腹にかけて種が埋まってんだ。デカイぞ、ハマグリ大だ。こりゃ取らなきゃダメだよな。そりゃそうだ。
 ほんで、その種を取るために、なぜか工事現場みたいな場所へ行ったんだ。工事のおじさんとかどっかの社員とかがイッパイいるんだけど、誰も私を気にしていない。
 その工事現場の片隅で、私は一生懸命種を取り除いている。ピンセットで摘んで取るんだけど、私の体はものすごくふやけててピンセットがズブズブ入ってなんの抵抗もなく種が取れる。痛みも全く無い。
 無事に種は取れたけど、私の体は種の跡でデコボコだ。デコボコの体を何にも気にせず歩いてる自分がいる。
 この夢も結構長い夢で、種ができる前後にもなんやかんやあったと思うんだけど、悲しいかな思い出せない。
 
 ちなみに、目が覚めた時、私は相変わらず布団を引っぺがしていた。だから寒いって!
 もうちょっと寝相がよくならなきゃなー。

母の夢

 母の通夜の場面だ。だけど、場所はどこかの海沿いにある旅館(みたいな場所)の一部屋だった。親戚が集まっていて、母は床の間の前に寝ている。
 私が顔を見てると、母が目を覚ました。少々ふらふらしているが、生き返った?その時、あ~こーやって生き返ることもあるんだー。と、漠然と考えていた。骨にしちゃったらダメだよなーとか。
 親戚が驚いて近寄ってくる。その後なんかゴチャゴチャあったような気がするが、みんなで一緒に散歩へ行くことになった。母は散歩が好きだったのだ。
 私は母の手をしっかりと握り歩いている。もう一方の手は他の誰かが握り、大勢の人間が母を取り囲むようにして歩く。
 誰かが「お母さんは海が好きだったから海に行こう」と誘う。
 私と言えば、そーだったかなー?お母ちゃんは山とか草木が好きだったんだけどなー。とか考えている。
 この夢はその後も結構長く続いたんだけど、後半はほとんど覚えていない。しかし、母の手を握り歩いている場面ははっきりと覚えている。
 
 母が仮退院した時、母の手を取って一緒に散歩した。しかし、仮退院してから意識がなくなるまで、あぁっとゆう間だったので、一緒に散歩できたのは非常に少なかった。それが気に掛かってたのかなー。それとも、
「もー次に行きなさい」ってことだろうか。

夢を思い出す

 今日も夢を見た。なんか、三つぐらい見たような気がするのだが、なんと夢を見ながら『あ、この夢を日記で書けるな』とか思ってたのに(なぜかそれは覚えてる)、目が覚めたらきれいさっぱり忘れてしまった。
 プロフィールにも書いているけど、見た夢を語り合うってゆうのは、知能アップやら癒しの効果があるらしい。
 これってさぁ、さっき見た夢を一生懸命思い出すってゆう行為にも関係があるんじゃないだろうか?
 だぁってさあ、普通夢なんか目が覚めたらたいがい忘れちゃうじゃない。それをがんばって思い出す。→頭がおもいっきり回転する。→脳が活性化される。とゆう図式になるんじゃないか?違うかもしれないけど。
 とゆうことで、今朝見た夢を無理矢理思い出してみよう。
 なんか犬がいたなぁ、結構私になついてかわいかったような気がする。その犬と一緒に(なんか他にも誰かいたような)、教室?なんかの広い部屋?にいて水がいっぱい出てきて……水じゃないかな?
 ……もう思い出せないや!
 まだまだ修行が足らないようである。ちょっとづつ思い出す内容が増えていけばいいな

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2Ad

Template by たけやん