たけやんのちゃらんぽらん夢日記

日々見た夢を綴って、心の平安をたもとうか、とゆうブログ

おみやげ

 ここはどこだろう。一応私の家らしいのだが、長屋みたいな感じで玄関先に花とかが植えてある。明らかに今の家じゃないけど、私の生まれた家の感じに近い。
 ま、そうゆう家の前で友達に会った。訪ねてきてくれたのかな、どこかの旅で出会った人だ。どうもカップルみたいだ。んで、そのカップルがお土産を持ってきてくれた。花束だ。
 ・・・ってあんた、これ大麻じゃん!!しかもでぇっかいの。なんかグローブぐらいの大きさだぞ。しかも紫色だ。
「どー、すごいでしょコレ。持ってくるの大変だったんだから」
 大変なのは分かるけど、どーすんのよコレ。ここ日本だよ。・・・とか思いながらも、本気でどーするか考えている。{大きいのはいいけど、葉っぱだけだよなー。肝心なのは付いてないなー。まあしかしデッカイなー。二階ならみんなでゴニョゴニョやっても分からないかなー(ちなみに、今の家はマンションなんで二階なんて無い)。でも見つかったらえらいコトだよなー。}
 って、このへんで夢が終わっている。記憶に残ってるのはここまでだ。
 
 唐突に始まって唐突に終わった夢。

分身の術?

 私が二人いる。二人とゆうより二人に別れた。分身の術?
 何かが起こったんだな。事件的な何かが。
 そして、その事件を解決すべく、私が二人に別れた。そして私が別れたもう一人の私を別の現場に向かわせた(指令を出した?)。ほんで私はその場で何かしている。もう一人の私は別の場所で何かやってるんだけど、今の私には彼(?)がどこで何やってるのか全然認識できない。
 んで、彼は戻ってきたのだが、彼と言ってもそれは私なのだが、こーなってはこの彼の私はもーすでに私じゃないよなー、別れた時点で違う記憶を持ってるもんなー、とか思っている。この別れた彼も私だとしたら私と彼が代わったらこの私は私じゃないから私はどーなってしまうんだ?なんやらかんやら考えてて……この夢、ブログで書くにはいいネタだねー。と、夢ん中で考えてる。夢ん中で夢と認識している。
 ほんで、すぐにパソコンに書き出しました。結構な勢いでかなり詳細に書き出したのだ。最初は忘れかけていたが、一生懸命思い出して書いたのだ。
 よし!書き上げたっ!!っと思った途端に目が覚めた。……だから夢ん中で書いたってダメなんだよーー。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2Ad

Template by たけやん