たけやんのちゃらんぽらん夢日記

日々見た夢を綴って、心の平安をたもとうか、とゆうブログ

新規メンバー

 ここは岐阜県のとある山の中である。
 私はここで、ある合宿に参加していた。その合宿とは、

 AKBの合宿だ。

 どうも私はAKBの新規メンバーになったみたいなんだな。

 AKB初の男子メンバーである。

 しかし初の男子メンバーがこんなおじさんで良いのだろうか?一緒に歌ってるところを想像すると、ものすごい違和感があるのだが。
 あれ?私もあーゆー制服を着るのかな?どっからどー見ても変態コスプレおやじなのだが。
 しかし他のメンバーは別段気にしている様子も無く、私を歓迎してくれているようだ。ありがたい事だねぇ。

 歓迎ムードの中、夕食会である。
 畳敷きの大広間に大勢が集まってメシを食う。いいなぁ。しかも私以外はみんな可愛らしい女の子達だ。なんかシヤワセだねぇ。

 夕食会の後は外に出てしばしの談笑。
 見上げれば満天の星空だ。星空の下で美少女達とおしゃべり。こんなシヤワセなことはない。
 そうだ、明日は彼女達を砂漠に案内しよう!この近くには砂漠があるのだ。
 実は私は一度、この近くに(夢で)来た事がある。そこには広大な砂漠が広がっていたのだ。私はその砂漠の端っこにあるバス停でバスを待っていた。そこに案内したら、みんな喜ぶだろうな。

 とか考えながらタバコをふかしていたのだが、タバコはマズイよな。なんたってAKBだもんな。喫煙がバレたら週刊誌に叩かれちゃうよ。とりあえずちゃんと消しとこう。
 あれ?消えないぞ。ゴシゴシやっても小さな火種が残ってしまう。
 こりゃちゃんと消さなきゃ。喫煙がどーのこーの言うより、これが原因で山火事にでもなったらえらいこっちゃ。

 ゴシゴシゴシゴシ……やっていたら夢が終わってしまった。その先は全然覚えちゃいない。

 ああーもったいないなー。もうちょっと見ていたかった。せめて一緒に歌が歌いたかったな。
 しかし、私にあの激しいダンスが踊れるだろうか?

 あ、スローバラード専門メンバーにしてもらおう。

空飛ぶ背もたれとトイレットペーパー

 空を飛ぶ装置である。

 ちなみに、木で出来ている。見てくれはイスそのものだ。背もたれのある小さなイスである。
 その背もたれを前に持ってきて足で挟んで座る。
 すると、

 空を飛ぶのだ。


 子供の頃、イスを馬に見立ててパッカパッカやりませんでしたかぁ?そう、あんな感じで空を飛ぶのです。
 10人ぐらいの団体で。

 何かのツアーかな?一緒に飛んでる人達は見知らぬ人達だ。誰かの先導で空を飛んでいる。あの人がツアーコンダクターか?

 ほんで、イスの背もたれには細長い綿が巻き付けてある。どうもこの綿と背もたれの相乗効果で空を飛んでいるようだ。どんな原理だかさっぱり分かんないけど。


 イスに乗った空飛ぶパッカパッカ集団は、やがて山奥の森に到着した。ここが終点?
 到着した森の中には建物があった。なんか学校みたいな建物だ。そして、ここを拠点に、

 クーデターが始まった!

 ななな何か知らないけど大騒ぎだよ!
 機関銃は出てくるわ地面はドッシンドッシン揺れるわ私たちはどっかの教室に集められるわそこでもドッシンドッシンするから机の下に隠れるわでテンヤワンヤだよ。何でこんなトコ連れて来たんだよぉー。

 あれ?ひょっとして、私たちって人質?

 逃げた方がいいよなぁー。でもこんな山奥じゃ逃げられないよなぁー。そうだ、空飛ぶイスだ!あれで逃げよう!
 でも、イスはどこだ?どこかに持ってかれちゃったから……あ、あった!一脚だけだけどイスがあった!あれで逃げられるぞ!
 しかし、みんなで一緒に逃げようって発想が全然なかったのが我ながら情けないぞ。

 でも、このイス抱えて出て行ったらみんなにバレちゃうよな。なんたって一人でこっそり逃げるんだから。
 とゆうことで、背もたれだけ剥がした。なんか両面テープみたいなので貼り付けてあるだけだったから簡単に剥がせたよ。これを抱えれば空を飛べるだろう。

 よし!逃げる前にウンコしとこう。

 背もたれ抱えてコソコソっとトイレに入る。
 どーでもいいけどトイレのドア、上下が思いっきり開いていて外から丸見えじゃん。まあ、とりあえずウンコするか。

 ガラガラッ!!

「お前!一人で逃げる気か!!」

 うわー見つかっちゃった!すごい顔でこっちを見てる。
 どっちかってゆうと温厚そうな兄ちゃんなのに、今は鬼の形相だ。その鬼がこっちに走り寄ってきて手を伸ばし、

 私からトイレットペーパーを奪った!

「トイレットペーパーを返して欲しかったら、その背もたれを渡せ!」

「待て待て待て!オレ、ウンコしたまんまでまだケツ拭いてないがな!いや、ちょっと待って。せめてケツ拭いてから…」

「つべこべ言わずに背もたれを渡せ!トイレットペーパーを捨てるぞ!」

「あかんて!捨てたらあかんて!まずケツ拭かせてーな。なぁ、話はそれからやん」

 うわーほかの人も何人かトイレに入ってきた。私ったら下半身丸出しやん。

「ほやからトイレットペーパー返して!もう背もたれ渡すから!違うって!先にトイレットペーパーやん!ホンマ渡すから!ケツ拭かせ……」


 あ、目が覚めた。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2Ad

Template by たけやん