たけやんのちゃらんぽらん夢日記

日々見た夢を綴って、心の平安をたもとうか、とゆうブログ

だ~から寒いのは嫌いやねん

 私は寝相が悪い。そりゃもう悪い。ベッドから落ちたことも一度や二度じゃない。布団なんかどこかへ吹っ飛んでいる(……布団が吹っ飛んだ)。

 夏ならば問題無いが、冬だったら寒くて夜中に目を覚ますのだ。そして、そんな時はいつも変な夢を見る。

 とゆうことで昨日はすんごく寒かった。真冬に逆戻りしたかのような寒さだった。そりゃもう変な夢を見ても仕方ない。



 私はトイレに入ってウンコをしようとしていた。どこかの食堂のトイレかな?
 トイレのドアを開けると、そこはまあ小汚いトイレだった。
 そこそこ大きめの真四角の部屋。そのど真ん中に和式便器がちょこんと張り付いていた。

 まあ、とりあえずウンコしよう。

 プリプリっプリンっ

 勢い良く出し切った快感にふと前を見ると、目の前の壁にドアノブがあった。

 なんじゃこりゃ?とりあえず開けてみよう。
 おもむろにズボンをはいてドアノブを回す(ってまだお尻拭いてないやん!ズボンはいたらアカンやん!)。

 ガチャ

 ビユゥ~~~

 そこはトイレと全く同じ大きさの真四角の部屋だった。しかし中には何にも無い、ガランドウの部屋だ。ただメッチャ寒い!しかもどこからか木枯らしがビユゥ~~~って吹いている。そりゃ寒いがな。

 なんじゃこりゃ?と、トイレに戻りズボンを下ろす。さあ、お尻を拭こう。…って紙無いやん!トイレットペーパー無いやん!お尻拭かれへんやん!
 どないしよ?どーやってお尻拭こ。何か紙の替わりになるものは…

 トントン

 …?誰かがノックしている。目の前のガランドウの部屋からだ。…何も、無かったよな?誰も、いなかったよな?

 トントン トントン

 えっとぉ、誰かトイレットペーパー持ってきてくれたのかな?…でも、誰?何?

 トントントントンドンドンドンドンドンドコドンドンドンドンドン!

 うっひゃぁあああーー!「おるで!おるで!入ってるでぇ!」ドンドコドンドンドンドンドン!「あかんあかん開けたらアカ…」


 ガチャ



 ビユゥ~~~

 ドアは開いたがそこには誰もいない。木枯らしが吹いているだけだ。

「何やねん!ほやから何やねん!!」

 って大声出したら目が覚めた。

 とうぜん布団はどこかへ吹っ飛んでいた。


 だ~から寒いのは嫌いやねん

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2Ad

Template by たけやん