たけやんのちゃらんぽらん夢日記

日々見た夢を綴って、心の平安をたもとうか、とゆうブログ

ブリッジはがれちゃった

 職場に置きっパにすることが多いHeadwayのHCG-45Rというギターの弦交換を行った。
 今回はいい音が長持ちするコーティング弦とゆう高価な弦を張ってあげたのだ。
 ほんで交換し終えてチューニングしていると


 ベキバキボンッ!


 な、なんか致命的な音がブリッジ付近でした。

20121129_1.jpg

 ぶ、ブリッジはがれちゃったよ!

 最近低音がこもるようになったなーと思っていたが、これが原因だったのかも知れない。

 しかしブリッジの接着が思いっきり雑だ。
 本来なら接着剤をまんべんなく薄く付けるのだが、思いっきり団子で、しかも所々にしか付いていない。

 あれ?よく見てみると、ボディーの塗装の剥がしとブリッジのサイズが合っていない。

20121129_2.jpg

 ブリッジはボディーに直に接着する必要があるので、その部分の塗装を剥がして接着するのだが、ブリッジのサイズに合わせてキッチリ剥がすのだが、

 剥がしのサイズの方が小っちゃいヤンケ!

 これやったら塗装の上に乗っかってるだけヤンケ!

 塗装は少し厚みがあるので、塗装の上に乗っかってるってことは、ブリッジがボディーそのものに接触していないのだ。肝心の部分が少し浮いているのだ。
 あ、それで浮いた部分を無理やり付ける為に接着剤をてんこ盛りにしたんだ!

 なんとゆう手抜き作業だろうか。さすが中国製だ。


 さて、この状態を直すには、

 てんこ盛りの接着剤をキレイに剥がして平らにして、その上でボディーの塗装をブリッジのサイズに合わせて剥がし直さなきゃいけない。結構厄介な修理だ。

 修理屋さんに頼んだら、修理代は購入代金を軽く超えるだろう。

 ……自分で直すしかないよなぁ?

 で、出来るのか?オレ?

Republic Guitar

 さてここ最近、こないだ買ったRepublicの小さいギターをずっと弾いているのだが

 もう、メッチャクチャ楽しい!

 なんかさぁ、気軽に弾けるのだ。なーんも考えずにブンチャカ弾いてるだけで楽しいのだ。間の抜けた感満開の音でリラックスできる。

 なんかギターが「あたしったらこんなギターだからさぁ、そんな気合い入れなくてもいいさー。気合い入れて弾くのはほかのギターに任せて、あたしん時はリラックスして弾いてちょうだいよ」って言ってるみたいだ。

 私はブルーグラス系のフラットピッキングが好きで、いつもそうゆうのを弾いているのだが(そこそこ気合いが必要)、このギターに関しては全身の力を抜いて、「ほげ〜〜」って感じで弾いている。またそんな弾き方が似合うのだ。

 ほんで小さいギターだから当然音量もそこそこ小さい。軽〜く弾くと夜でもそんな近所迷惑にはならないのだ。

 ほんでまたこのギター、軽〜く優しく弾くとその本領を発揮する。
 小さいくせに響きは豊潤なのだ。夜優しく弾くと、「あれ?お前けっこうやるじゃん」って、このギターを見直す。

 そんなこともあって夜は夢中になって弾く事が多い。気がついたら1時頃になっているのだ。最近夜更かしなのだ。

 なんか、安いくせにいい買い物をしたな。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2Ad

Template by たけやん