たけやんのちゃらんぽらん夢日記

日々見た夢を綴って、心の平安をたもとうか、とゆうブログ

新作アコギ弦のモニター

 シルドラボラトリーとゆう所から、新型アコギ弦のモニター募集のメールが来た。

 以前、ここから“ビンテージパッチ”とゆう商品を買った事があるが、『以前御購入頂いたお客様へモニター募集のメールを送らせて頂きました』的な事が書かれてあった。

 なんにしてもタダで新開発の弦がもらえるのだ。当然『ちょうだい!』ってメールを返した。ほんで送られてきた。

 さっそく我が愛器、Republicの小さいギターに張ってみた。

 ちなみにこのRepublicギターの特徴であるが、『間の抜けたほがらかな音』である。
 基本的に『張りのあるキラビヤカな音』が良いギターの音とされているが、ある意味それとは対極をなす音である。
 まあ、まともなギターでのモニター報告はイッパイあるだろうから、こうゆう変わったギターの報告もあった方がいいでしょう。


 とゆうことでさっそく張ってみたのだが、この弦、張りたてと数時間後と、ほんで3〜4日経ってからでかなり印象が変わった。
 シルドさんからは「一週間経ってから感想を書いてね」的な事が書かれてあったが、弦が馴染むまで少し時間がかかるのかも知れない。

 とゆうことで張りたて直後の印象は、『地味な音』であった。

 正直弾いていても楽しくないのだ。ちょっと困ってしまった。「楽しくないよー」って書くのもなんだし、ウソ書くわけにはいかないし…。

 ところが、数時間後にその印象が変わった。

 すごく透明感のある、明るく爽やかな音である。響きも二割増しぐらい大きくなった。
 きっと、こうゆう音が好きな人や、こうゆう音が合う弾き方もあるだろう。

 しかし、『弦の音』としての個性が出過ぎるのだ。

 弦が主張しすぎてギター本来の個性を殺している。
 Republicギターの間の抜けた感やほがらか感が消えているのだ。音としては良いのだが、やっぱり弾いてて楽しくない。
 なんか腕白小僧が無理やり上等なスーツを着ているような感じだ。ひとっつも似合っていない。

 やっぱり困ってしまった。「楽しくないよー」って書くのもなんだし、ウソ書くわけにはいかないし…。

 ところが、3〜4日経ってまたまた印象が変わった。

 ギターの個性が復活したのだ。

 間の抜けたほがらかな音が帰ってきた。その上で弦の個性が出ている。

 何と言うか、ギターの個性を残しつつシャープな感じですね。ほんでそれも日々変わってきてまろやかな方向に行っている(様な気がする)。
 ほんで優しく弾いた時の心地よさは三割増しです。響きがキレイですね。夜なんか優しく弾くとうっとりしてヒジョーに心地いい音です。
 どっちかって言うと、強くブンチャカ弾くよりは優しくメロディアスな弾き方が合っているのかも知れない。

 と、褒めてばっかりもアレなので、悪い点もちょっと。

 すごく響きが大きくなっているのだが、多分弦がより大きく振動しているんだと思う。その為、強く弾くと大きく振動した弦がフレットに干渉してビビり音が出てしまう時がある。
 あと巻き弦が少し引っかかる。一週間経ってだいぶましになったが、交換したては「アレ?」って思うぐらい引っかかっていた。

 悪い点はそれぐらいですね。
 なんにしてもヒジョーに気に入りました。ちゃんと製品になったら値段はいくらぐらいになるんだろう?

 できたら安くしてね。

 え〜っと、文章だけだとアレなので、音源も置いときます。
 あ、ギターの腕がどーのこーのは無視してね。音の方を聞いてね。

 新作アコギ弦の音源

手をつなごう

 こないだ、とある遊歩道を歩いていた。ほんで私の前には、おじいさんとおばあさんが歩いていた。

 おじいさんとおばあさんは手をつないでいた。

 体を近づけて手をつないでいるのではなくて、ちょっと離れた状態で手をつないでいた。でもしっかりと手は握られている。二人して腕をにゅっと伸ばして手をつないでいるのだ。

 後ろから見ると、アルファベットの“M”みたいになって歩いていた。

 なんかほほ笑ましかったのだ。

 私は二人の後ろを、ゆっくりと歩いていた。

高価な高価なハーモニカ

 ここはどこだろう? とゆうか、いつだろう?

 なんとなく大正時代のような感じだ。

 そんなレトロ感満載の町並みを私は歩いている。ほんで私の隣には高校生ぐらいの息子が二人。

 あらまぁ、私ったらお父さんなんだ。

 ほんでその横に執事を従えている。

 あらまぁ、私ったらお金持ちなんだ。

 そう言えば私は上等そうな外套を羽織っている。やっぱお金持ちなんだ。
 そんな感じで皆を従えて向かった先は商店街。買い物でもするのか?


 おや?楽器屋に入って行く。
 そう言えば昔は商店街の中にも楽器屋がいっぱいあったのになぁ。最近はほとんど見ない。

「君、ちょっとそこのハーモニカを見せてくれ」

「おー旦那さん、お目が高い。このハーモニカはちょっとした出物でっせ」

「ほうほう。どんなハーモニカですか?」

「いやこれはね、アメリカのジョーさんって職人さんが作った手作りのハーモニカなんですわ。もう絶品でっせ!」

「ほう、それはすごいな。ちょっと吹かせてもらえますか?」

「あきませんあきません。いっぺん口付けたら値打ちが下がってしまいますがな。
 ほんでもこれ、作った本人からのお墨付きがありまんねん。
 実はこないだジョーさんがたまたま訪ねてこられて、このハーモニカを吹いたんですわ。ほたら「これは私が作った中で一番のハーモニカだ!」って言わはったんですわ」

 なんっちゅうウサン臭い話や!そんな話に騙されるようなやつはおらん……

「それはスゴイ!ぜひそのハーモニカを下さい!」

 おったがな。

 おいオレ!夢の中のオレ!ちょっとは頭働かせんかい!ウソ丸出しヤンケ!
 何でその有名なジョーなんたらが日本の商店街に来るねん。ほんでその誰か分からんやつハーモニカに口付けてるヤンケ!そんな嘘八百に金出すなや…ってもう財布出してるヤンケ!

「いやぁー良い買い物が出来ました。家に帰って吹くのが楽しみですよ」

 お前なぁ(あ、オレか)思いっきり騙されてんのに何喜んでんねや。って金払ってる間に息子達がハーモニカの箱持って店出てしもたがな。

「おいちょっと待て、箱開けるんじゃないぞー」

 って息子聞いてへんがな箱開けるがな。

「待て待てー、箱開けるんじゃないー!」


「コラ待たんかーい!そのハーモニカに最初に口付けるんはオレやーー!!」

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2Ad

Template by たけやん