たけやんのちゃらんぽらん夢日記

日々見た夢を綴って、心の平安をたもとうか、とゆうブログ

祖谷物語

『祖谷物語(いやものがたり)-おくのひと-』とゆう映画を見に行った。
 初日舞台挨拶があるそうなので、それを目当てに初日に見に行ったのだ。

 ほんで舞台挨拶で監督さんが言っていたが、この映画、自主制作だそうなのだ。
 あ、言っときますが『自主制作』で連想するような安っぽさは全然無いです。すんごい映像です。

 ただ自主制作なもんで宣伝費が無い!見た人の口コミが唯一の宣伝なんだそうだ。本来なら舞台挨拶は写真撮影禁止なのだが、監督さんより「ジャンジャン写真撮って下さい!ほんでブログとかで宣伝して!」とゆうお言葉をいただいたのでジャンジャン写真を撮らせてもらった。


 とゆうことで映画の宣伝ですが、えーっと、私、そうゆうの下手なのだ。なんちゅうか、ネタバレをしないで説明するのがうまくできないのだ。
 ので、個人的感想ですが、

 めっちゃ良かったのだ。見て良かったのだ(←お前は小学生か?)。

 こ、これだけではあまりにもアレなので、少々説明とかなんとかかんとか。


 さてこの映画は、徳島県の祖谷地方で一年間にわたるロケを敢行し、四季折々の大自然をバックに物語が進む。メチャクチャいい景色に見とれることが何回もあった。
 ほんでその大自然を全編35mmフィルムで撮影しているのだ。このデジタル全盛時代に嬉しいではないか!
 デジタルとフィルムの違いが分かるのか?と言われれば怪しいが、お古のカメラが好きだった私としては、所々にレンズの収差が見えるような描写があって少々嬉しかったのだ。

 その35mmフィルムが映し出す風景も素晴らしいのだが、それにも増して風景とともに映し出される自然現象が素晴らしかったのだ。霧であったり靄であったり吹雪であったり、そうゆうのが絶妙なタイミングで描かれていた。
 監督さんが言うには、そうゆう描写にこだわっていたそうだ。小細工とかするんじゃなくて、実際の自然現象が出るまで待っていたそうだ。演者さんの演技のNGは無くても、自然現象のNGで「もう一回撮りまーす」ってのが何回もあったそうだ。

 特に私が、あ、すげー。と思った場面がある。
 秋の場面だ。
 畑を耕してるおジーの後ろで、枯れ葉がすごい勢いで風に舞い上がっているシーンだ。すごい量の枯れ葉である。まるでCGのようにドンピシャのタイミングとドンピシャの量であった。
 これ、どうやって撮影したんだろーって思っていたが、この場面も小細工なしだそうだ。
 ただ、その風を待っていたわけじゃなくて、撮影を開始したら偶然風が吹いて枯れ葉が舞い上がったそうなのだ。

 監督さんが、「とうとう私も自然を演技指導できるまでになりました!」って言っていたが、そ、それは違うがな。
 この監督さん、結構お茶目である。舞台挨拶に簑かさ着込んで登場するし。


 さてさてほんで、この映画の主演女優であるが、武田梨奈さんである!
 わたくし、大好きである!日本を代表するアクション女優だと思っている。
 初主演の『ハイキック・ガール!』を見てからのファンである!すんごいキレのある動きをするのだキレイなのだシャープなのだ。
 最近ではセゾンカードのコマーシャルで有名だ。そう、瓦を頭突きで割ってる女の子だ。

 そんな彼女が今回はアクションを封印している。いつもは男勝りな役ばっかりなのに今回は普通の女子高生役である。ちなみに二十歳を超えた場面もある。少女と大人の女性を演じ分けている。わたしゃ三年ぐらい間を空けて撮影したんじゃないか?って思ったほどだ。
 武田さん、演技すごいじゃん(←何で上から目線なんだ?)。


 舞台挨拶の後、サイン会があった。ま、間近で見てしまった写真まで撮らせてもらった可愛いのだ手なんかすごく柔らかいのだ。
 ついでにサイン会の時の座り方もメッチャ可愛かった。


 えーっと、今回は、いつにも増して取り留めの無いブログになってしまいました。少々興奮していたのかもしれないです。あ、いや、興奮してます。

 みなさま、興味が出ましたならば、ぜひ『祖谷物語』を見に行って下さいませ。自然好き森好きの方ならば(あ、それ以外の人でも)満足するのではないかと思う次第でありますです。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2Ad

Template by たけやん