たけやんのちゃらんぽらん夢日記

日々見た夢を綴って、心の平安をたもとうか、とゆうブログ

宵々山コンサート

 さて、今回も夢の話じゃありません。いや、夢は見たんだよ。なんかものすごいやつを。しかも2~3日前にも見た夢だ。夢の中でこの夢だけは絶対に書かなきゃ、とか思ったのだ。でも、目が覚めたらすっきりさっぱり忘れてしまった。時間をかけて思い出しても良かったのだが、今日はそんな暇は無い!京都へコンサートに行くのだ!昼の3時から夜までやるのだ。目が覚めたら昼前だ!急いで出発しなきゃ!
 
 ほんで、今日はそのコンサートの話なのだが、知らない人には、なーーんも面白くないと思います。なので、ゴメンね。暇で暇でしょうが無い、って人は読んでみてね。
 
 さて、そのコンサートは『宵々山コンサート』。永六輔さんと高石ともやさんが中心となって、京都で毎年祇園祭の頃にやっているコンサートだ。今年で25回目。
 わたくし、宵々山に行くのは5年ぶりだ。
 
 さてこのコンサート、毎年色んなゲストを迎えるのだが、最初のゲストは中島啓江さんだ。はい、あのうんと太ったオペラ歌手(オペラだっけ?実はよく知らない)。
 一曲目、マイクを使わず地声だけで『赤とんぼ』を歌った。野外のステージだったが、後ろの方でも十分に声は聞こえた。そして、その赤とんぼを聞いて、なぜか私は泣きそうになってしまった。何の変哲もない童謡なのに。もうちょっとで泣くとこだった。
 そして中島さんのお話。彼女は海外のビックイベントでも『赤とんぼ』を歌ったそうだが、指揮者も演奏の人達も、全員外人だった。
 そしてリハーサルが終わって本番が始まる前、指揮者の楽譜を見た中島さんは驚いた。楽譜に手書きのローマ字で、赤とんぼの歌詞がびっしり書かれていたのだ。
 なんで?中島さんの問い掛けに、指揮者の人が答えた。
「リハーサルであなたの歌を指揮してて、意味は分からないのに、私は三番の所で泣きそうになったんだよ。だから、あなたがなんと歌っているのか知りたくてね、こーやって楽譜に書き留めたんだ」
 翻訳した英語を書いたわけではない。日本語をそのままローマ字にしたのだ。彼女の歌ってる言葉を確かめながら指揮したかったのだろう。
 指揮者のおっちゃん!わかるぞその気持ち!
 
 さてこのコンサート、毎回一人、日本の伝統芸能の方をゲストに迎えている。そして今年は義太夫の三味線奏者、田中悠美子さん。
 当然ながら私は初めてこの人を見たのだが、よくぞこの方を呼んでくれた!!もう、すばらしい!とゆうか、この人変人!伝統芸能の人にこんなわけ分からん人がいるのか!?ものすごく楽しいステージだった。
 この人のおっしょっさんは、その世界ではすごい人らしいのだが、当の田中さん、そのおっしょさんの教えに少しアレンジを加えている(ある意味台無し?)。その度に彼女、「おっしょさんゴメンナサイ!」と叫んでいる。ほとんどギャグだぞ。
 おそらくはこの人の魅力、CDでは分からないだろう。ステージでこそ、この人の本領が発揮されるような気がする。なんかの機会でこの人のステージを見ることが出来るなら、ぜひ足を運んで欲しい。損はしないと思うぞ!
 
 そして次のゲストは石倉直樹さん。ジャンル的にはお笑いだと思う。が、あんなコトやっていいのかぁ!?あそこまでやっていいのかぁ!?その筋から圧力はかからないのかぁ!?
 詳しく説明したいのだが、当の本人から「ここであったコトは絶対にしゃべらないで下さい!!」と念を押されている。パンフレットには -他言無用- と書かれている。私も恐ろしくてこんな所じゃ書けないのだ。
 
 そして今回のメインゲストは、笠木透さん!はい、誰も知らないでしょう。でも私は一番見たかったのだ。彼の歌を聴いたのは20年以上ぶりだ。
 いわゆるメディアにはいっさい出ず、地道にフォークソングを歌い続けている。お年はかるく60を超えているだろう。しかしその太い歌声は健在であった。私ゃメチャクチャ嬉しかったのだ。
 
 しかしこのコンサート、嬉しさと一緒に寂しさもあった。5年前は、とゆうか、第一回目から、メインのパーソナリティは『高石ともやとザ・ナターシャセブン』だった。私は高校生の頃からずぅっとファンだったのだ。
 しかし、今回は(実は数年前から)、出演しているのはともやさんだけだ。
 5年間の間に、メンバーが病気で死んじゃったり、事情があって表舞台に出れなくなったりと、事実上再結成が不可能になってしまったのだ。
 ナターシャの出ていない宵々山は初めてだった。当然ながら出ていないのは知ってはいたが、実際に体験すると、ものすごく寂しい。
 そして、今後二度とナターシャが揃わないと思うと、とてつもなく悲しい。
 
 嬉しくて、楽しくて、そしてすごく寂しいコンサートだった。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://chirorudou.blog16.fc2.com/tb.php/15-ede8fa53

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2Ad

Template by たけやん