たけやんのちゃらんぽらん夢日記

日々見た夢を綴って、心の平安をたもとうか、とゆうブログ

屋久島に行きたい その2

 とゆうことで屋久島に行きたい。

 屋久島に行って写真を撮りたい。あのうっそうとした森をウロチョロしながら撮りまくりたい。

 しかし屋久島は雨が多い。一年のうち366日雨が降るそうだ。普通のカメラじゃまともに写真が撮れないのだ。


 私が今使っているカメラはOLYMPUS PEN PM2とゆうカメラだ。
 実はこのカメラ、散歩用に買った。小さくて安くてそこそこ画質がいいらしいから散歩にぴったりかな?と思って買ったんだ。
 そしたらあなた、予想以上に画質がいい。A4サイズにプリントしてもなんも問題ないのだ。
 しかもホントに小さいからどこに持って行くにしても苦にならない。このカメラを買ってから写真を撮る機会が格段に増えたよ。
 いきおい今まで持っていたカメラ一式を売ってしまった。もうこのカメラだけで十分だ。

 さて十分ではあるが、当然ながらPM2は雨の中では使えない。屋久島用としては不十分である。
 しかし同じオリンパスには、防塵防滴とゆう多少の雨ならへっちゃらさカメラがある。
 OMD E-M5とゆうカメラだ。PM2とは同じシステムで交換レンズの使い回しが出来る。
 このカメラはかなりの雨でも問題なく使えるらしい。デモ動画では水をバッシャンバッシャンかけながら撮影していた。屋久島用にはピッタリではないか。

 以前は値段が高くて手が届かなかったのだが、最近ぐんぐん値段が下がってきた。背伸びをすれば手が届きそうな値段だ。

 なんか物欲を正当化するために屋久島に行きたい。とか言ってるような気がしないでもないが、そのへんは目をつぶっとこう。

 しかし、目をつぶれないこともある。

 このE-M5とゆうカメラ、デカイのだ。
 普通のカメラと比べたら小さい方なのだが、PM2と比べたら二回りぐらいデカイ。しかも防塵防滴に対応しているレンズもデカイ。デカイと言うか長い!どー見ても小さいカバンにスポッと入るような大きさではないのだ。
 あと見てくれがカメラ然としている。『私は高性能のカメラです』と、自己主張が強いのだ。

 対してPM2の見てくれはショボイ。コンパクトカメラに毛が生えたぐらいだ。
 だがそれが良い!
 私、見てくれショボイのに高性能!ってのが大好きなのだ。

 だからE-M5を買いたいけど、その辺が色々とネックになっている。
 せっかくの防塵防滴カメラなんだから旅行にも持って行きたい。雨男に防塵防滴カメラは鬼に金棒なのだ。でもデカイしレンズも長いで旅行先でブラブラするには向かないよなー。小さい防塵防滴レンズが出ればいいんだけど出そうもないんだよなー。でも今が底値みたいだからなー買っとくかなー。なんか雨の日専用カメラに成り下がりそうな気もするんだよなー。いっそのこと中古にするかなー。


 てなことを、こないだからず〜〜っと考えていた。ウジウジウジウジ迷っているのだ。

 なんか、まだまだ迷いそうだ。

コメント

はじめまして、足跡たどってやってきました。

わたしはつい先日、そのE-M5と防塵防滴レンズを買いました。
半分はダイビング用にと買ったのですが、
大きさも、実際に手に取ってみるとそれほど気にならないし、
山歩きのときも、雨に強いのでグッドだと思いますよ^^

Re: タイトルなし

海河童さん、こんにちは。E-M5いいですか。いいんでしょーねー。
わたくし、未だにカメラ屋さんに行ってはいじくり回して「ど〜すっかなー」とかやっています(^^)
そーこーしてるうちに何か値段も上がって来てさらにど〜すっかなー状態です(^^)
いっその事、高いレンズがセットのやつを買っちゃおーかなーとか、瞑想しております。

今なら、8/17までに買うと5000円のキャッシュバックキャンペーンをやっているのですが、
対象のレンズキットは防塵防滴のレンズじゃないんですよね~><

Re: タイトルなし

海河童さん、こんにちは。
実はキャッシュバックキャンペーン、存じ上げております。
悩ましいっすよねー(^^)
5,000円ってのがセコい気がしますが(^^)、1万円なら思わず買っちゃうかも知れない。

これから所用で大阪の梅田方面に行くのですが、きっとヨドバシカメラに寄るんだろうなー。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://chirorudou.blog16.fc2.com/tb.php/205-c630ae5b

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2Ad

Template by たけやん