たけやんのちゃらんぽらん夢日記

日々見た夢を綴って、心の平安をたもとうか、とゆうブログ

巨大横型樹木増築工事

 ここは知らない人の家の庭。結構デカイ塀がある。

 その塀にそって巨大な樹木が生えている。

 真っすぐ生えているのではない。塀にそって横に延びているのだ。塀にへばり付くように、と言うか、ほとんどめり込んで塀と一体化している。


 そして、その樹木をせん定する業者がやってきた。

 業者の人達の服装は、ヘルメットに軍手にニッカポッカに地下足袋。どっからどー見ても工事現場のいでたちである。
 ここまでデカイ樹木だと土木工事と変わらないのか?


「おうっ!そこに穴が空いてるだろ。そっから新しい枝が生えてくっからな!」

 なんか棟梁みたいな人がオレに言ってきた。
 新しい枝が生えてくる穴?どーゆーことだ?

 棟梁に言われた方を見てみると、横に生えてる樹木の下側に枝が切られたような箇所があって、そこが穴になっている。
 こっから、枝が生えるの?

「おうっ!そろそろ来るぞ。」

 なんか、プルプル震えだしてきた。穴から樹液みたいなのが漏れてきたが……

 ニョキ。ニョキニョキッ。

 なんか出てきた!枝か?枝だ!

 ヌルヌルした黒っぽい枝がニョキニョキ出てきたよ。てかこんな生え方するのか?

 ニョキッニョキニョキーーースッポン。

 抜けた。枝が抜けた。

 棟梁が抜けた枝を素早くつかんで向こうに走っていく。ほんで樹木の上にペタンって乗っけた。

「こうやるとな、くっ付くんだよ。樹液が接着剤の役割をするんだ」

 ホンマか?

「ホントだよ。あそこの枝見てみな、あの枝もこーやってくっ付けたんだ」

 ホンマかいな?
 棟梁がくっ付けたって言う枝を下から覗くと、それは木製のネジで固定されていた。
 ……これを、『くっ付けた』と表現しても良いのだろうか?

「おうっ!樹液が垂れてきた!それすくってこっちに持ってきてくれ!」

 ドバドバドバドバ、ジャーーーー

 ヒエーーーすごい勢いで樹液が出てきたよ水道みたいだよどうすんだよこれバケツとか無いのか?
 手、手ですくうのか?

 手ですくった樹液を棟梁んとこに持ってって枝にぶっかける。本当にこんなのでくっ付くのか?

「おーい。こっちにも持ってきてくれ」

 ありゃ?他の作業員が呼んでいる。あっちにもかけるのか?

「おーい。こっちも頼むよ」

 手に樹液を抱え、あっちこっち走り回る。大忙しだ。
 他の作業員は地べたに座って私に指示をする。


 ……てかオメーら!なんでオレに働かせんだよ!作業員だか弟子だか知らねーが、オメーらが働け!!

コメント

樹液が接着剤ですか

自然の力ってすごいですね。
樹液を接着材に使うなんてエコな
工法だと思います

Re: 樹液が接着剤ですか

フウさん、こんにちは。
自然の力ってすごいんですよ(^^)
でもあれは夢の中でも絶対くっついていないと思う。
でも、エコですエコ(^^)

あ、諸事情により返信がすごく遅れてゴメンなさい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://chirorudou.blog16.fc2.com/tb.php/222-1779016b

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2Ad

Template by たけやん