たけやんのちゃらんぽらん夢日記

日々見た夢を綴って、心の平安をたもとうか、とゆうブログ

本の雑誌が選ぶ30年間のベスト30

 ものすごく久しぶりに『本の雑誌』を買った。あ、本の雑誌ってゆうのはいわゆる書評誌で、椎名誠が編集長をしている。以前はこまめに買っていたんだけど、最近はトンと買っていなかった。今月号は表紙に『30周年特大号』と書かれていた。なんとゆうか、あーもう30年もたったのかぁーってゆう感慨みたいなのがあったのだ。とゆうことで久々に購入。
 そして記事の中に『本の雑誌が選ぶ30年間のベスト30』ってのがあった。本の雑誌が出来てからの30年間、その間に出た本の中で、ベスト30を選ぼうって企画だ。表題だけは仰々しいが、選び方は、思い入れと個人的趣味と年功序列が優先される相変わらずのいいかげんな選び方だ(でも、こーゆー選び方って好きなのだ)。
 ほんで、その選ばれたベスト30の中のベスト10に、私の大好きな本が3冊も入っていた!これはちょっと嬉しいぞ。
 その3冊とは、
『透明人間の告白』HFセイント(新潮文庫)
『ハイペリオン』ダン・シモンズ(ハヤカワ文庫SF)
『リプレイ』ケン・グリムウッド(新潮文庫)
 の3冊だ。ほんでね、この3冊にはね、それぞれに思い出やら思い入れがあるのだ。
 とゆうことで、今回も夢の話じゃなくて、その3冊にまつわる私の個人的なお話です。

 まずは『透明人間の告白』。
 この本はねぇ、鹿児島は内之浦へ出張に行った時に内之浦で買った本なのだ。以前の私の仕事は、長期出張が多かった。その時も一月近くの出張だったろうか。そして内之浦の本屋で何気なくこの本を買った。ちなみに内之浦は小さな町である。本屋さんも一軒か二軒ぐらいしかない。
 ほんで読み出したらあなた、メチャクチャ面白いんだよこの本!
 人間が実際に透明になったらどんなことになるのか?飯食ったらどーなるんだ?ウンコだけが見えるのか?とかとか、かなり克明な描写があって、そこに陰謀が入ってきてサスペンス風味になってグングン面白くなってきてあぁっとゆう間に読み終えてしまった。
 と、ところが!この本は上下巻なのだ。そして私が買ったのは上巻だけだ。あんまり面白くなかったら下巻は買わなくてもいいや、とか思ってた。大間違いである。すぐに下巻を買いに走ったのは言うまでもない。が、下巻がないのだ!どこの本屋を探しても下巻がない!ってゆうか探し回るほど本屋がない!私は内之浦にいる間中、下巻が読みたくてモンモンモンモンしていた。出張が終わって家に帰る前に、まず先に本屋へ寄ってこの本の下巻を買ったよ。罪作りな本である。

 そして『ハイペリオン』!
 これはとてつもなく面白いSFだ!Best of SF と言ってもいいぞ!そしてこの本、ハイペリオンだけでは終わらない。『ハイペリオン』『ハイペリオンの没落』『エンディミオン』『エンディミオンの覚醒』と続く四部作なのだ(個人的には、エンディミオンと…覚醒は、上下巻みたいなもんだから三部作だと思うのだが)。この本、一冊ずつがとてつもない長編である。四冊読むのは大変なんだが、大変な思いをしてでも読む価値があると思います。お勧め!!
 ほんでね、私ね、ちょうど『エンディミオン』を読んでる時、あるコンサートを見に行った。遊佐未森さんとゆう歌手なんだけど(ちなみに、ものすごく素敵な歌手です)、チケットを持ってなかったので当日券を並んで買うつもりだった。どうせ待ち時間が暇だろうと、『エンディミオン』を持って行ったのだ。
 そして、前後に何人も並んでる列の中でこの本を読んでいた。読んでる途中、「おっもしれぇーー!」おもわず声を出して言ってしまった!周りの人が白い目で見たのは言うまでもない。白い目とゆうより怪訝な目?変人を見る目?すごく恥ずかしかった。罪作りな本である。

 さてそして、最後は『リプレイ』!
 この本、私の人生観を変えたと言っても過言ではない!最後の数ページを読んだ時、なんとゆうか、目からウロコが落ちたような感激を今でも忘れない。
★注意!間違っても最後の数ページから読まないように!台無しになってしまう!!

 この本は、いわゆる『過去に戻って人生をやり直す』系のSFチックな本である。
 私、正直言ってこの系統の本はあまり好きじゃない。
 そりゃさ、私だってさ、あの頃に戻って人生をやり直したいって思ったことがあるよ。あの頃のあの時に戻って、あそこをこうゆう風にやり直せたら、って思ったことも何回もあるよ。何十回だってあるさ。
 だけどね、それってメチャクチャ後ろ向きじゃん。全然建設的じゃないじゃん。
 いくら作り話の本だからってさ、『時間を戻してあの時に戻れた、あそこをやり直してハッピーさぁ!人生二回目ランララ~ン』とか言われたってさ、なんか、「ケッ!」とか思っちゃうのさ。
 ところが!この『リプレイ』は違った!最初こそは人生やり直せてハッピーなのだが、その後が違うのだ。その最後が素晴らしいのだ!
 人生お先真っ暗。四面楚歌。もう死んじゃった方がマシさ。そんな状況があら不思議、無限の可能性を持った未来が目の前に広がるのだ!夢いっぱいに思えてくるのだ。やらなきゃいけないことは目の前に山積みなのに、それをちょっと横にのけて、まずは最初に新しい音楽でも聴きたいな。ってな気持ちの余裕まで出てくるのだ。

 私も含めて、未来に希望を失った中年の皆さん!ぜひこの本を読んでくれ!人生観が変わるぞ。ちょっと大げさかもしれないけど、読む価値は十分にあると思うぞ!!

 今回はえらく長くなってしまった。でも、私が大好きな本がベスト10に3冊も入ってて嬉しかったのだ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://chirorudou.blog16.fc2.com/tb.php/23-e1ae9461

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2Ad

Template by たけやん