たけやんのちゃらんぽらん夢日記

日々見た夢を綴って、心の平安をたもとうか、とゆうブログ

市役所分室スポーツ施設予約場

 大阪に『淀川』という大きな河川がある。

 ほんでその河川敷に小さな建物がポツンとある。

 少々薄汚れた建物だが、その中にはスポーツジム、各種武道場、広大な体育館などのスポーツ施設がある。


 あ、これ夢の話しですから。実際には淀川にそんな建物はないですからね、間違えて行かないでね。


 とゆうことで、最近その施設に通っている。ジャージの上下で通っている。当然運動するためだ。
 しかし、まともに運動できたことは一度もない。毎回無関係の部屋に入ってしまうのだ。何かの事務所である。ドアを開けた途端、中にいた人たちが驚いて私を凝視する。
 まあ、いきなりジャージ姿の怪しいおっさんが入ってきたらびっくりするよな。

「あ、すいません。間違えました。……あ、あの、すいません」

 事務所の人たち、完全ノーリアクションである。一言も言葉を発せず固まったまんま凝視するだけだ。
 ちょ、ちょっとはリアクションしてくれよ。なんかバツが悪いじゃん。

 ただ、今回入った部屋はちょっと違った。なんかの事務所であることは同じなのだが、その目は、私を歓迎していたのだ。

「あ、すいません。間違えました。……あ、あのー、私、運動しにきたんですが」

 と言った瞬間、皆さんが寄ってきた。

「いらっしゃいませ!」「お一人ですか?」「予約はされてますか?」「何時間ご利用ですか?」「ただいま予約がいっぱいで、3時間後にしか空きが無いんですが!」

 うわっ、なんやなんやこの勢いは。ここってこの施設の管理事務所なんか?えっ?予約って何?予約が必要なん?

「予約…はしてないんですが、予約っているんですか?」

 女子事務員数人が寄ってきた!寄ってたかって説明しだした半分も理解できない。っていうか何説明したんかほとんど覚えてない。

 えーっと、ここって市役所の管轄なん?基本貸切なん?あんな広い体育館、一人でどーやって使うの?


 その後、私はどーなってしまったんだろう?全然覚えてないや。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://chirorudou.blog16.fc2.com/tb.php/243-15b01140

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2Ad

Template by たけやん