たけやんのちゃらんぽらん夢日記

日々見た夢を綴って、心の平安をたもとうか、とゆうブログ

なぜかダミ声

 なんかの研修だろうか?旅館みたいな所に大勢の男(しかも若造)が泊まっている。私もそのグループの一人だ。しかし、私だけ飛び抜けておっさんだぞ。
 一応この場面の前にも色々あったのだが、残念ながら思い出せない。
 なんだかんだ色々あって(あったんだろう)車で偉いさん達を送りだしたのだが、この偉いさん達、なんとなく私の親戚連中みたいなのだ。とゆうことは研修じゃあなかったのかな?法事かなんか?
 ま、とりあえず彼らを送りだしたらもうやることは無い。我々も宿を出て帰ろう。
 ところが若造連中、帰る気配を微塵も見せないのだ。かといって何かやるわけでもなし、部屋でゴロゴロダラダラしている。宿もそろそろ出なきゃなんないってコトが分からないのだろうか?
 わたくし、基本的には小心者である。こうゆう場合に先頭に立って指示するような人間ではない。ないのだが、なぜかこのときは怒鳴ったのだ。
「お前ら、なにダラダラやっとぉんじゃ!はよ出なあかんやろうがっ!!○○時までには○○駅に着いとかなアカンねんぞ!チャッチャと準備して出発せんかいっーー!!」
 怒鳴ったまではいいのだが、その時発した声がとてつもなくダミ声だったのだ。怒鳴りながら『なんでこんな変な声しか出ーへんのや』と思ってしまった。
 私、たまーに、ごくたまーに怒鳴ることがあるんだけど、そんな時は腹の底から出るいい声を出すのだ(個人的にはそー思っているのだ)。それがなんでこんな声しか出ないのかなー?
 とか思ってたら若造連中、反抗するとかイヤな顔するとか全くなしで、テキパキと帰り支度を始めた。さっきまでダラダラしてたのになんだこのテキパキさは。って見てたらもう駅に向って歩き出したよ。
 ちょ、ちょっとちょっと、私まだなんの準備も出来てないんだけど。あ、オレの服どこだ?タンスの中とか押し入れとか探すけど無いぞ。
 悲しいかな中途半端な服装で駅に向う私。どうも私が一番遅くに出発したようだ。

 なんか中途半端にしか思い出せない夢だ。目が覚めて直後の印象はけっして悪くなかったので、全部思い出したらそれなりにいい夢だったのかなー。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://chirorudou.blog16.fc2.com/tb.php/25-c48dd600

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2Ad

Template by たけやん