たけやんのちゃらんぽらん夢日記

日々見た夢を綴って、心の平安をたもとうか、とゆうブログ

南極観測隊

 とゆうことで南極観測隊のゲストになった。

 今、南極観測隊の船に乗っている。もうすぐ氷河を突き破って南極大陸に入るのだ。その前に手前の陸地に上がって一休みしている。最後のトイレ休憩みたいなもんだな。

 陸地には小高い丘があって眺めが良さそうだ。足場が悪そうなのでカメラを落とさないように、カメラは地面に置いて丘に登る。登っている最中に出発の合図があった。なんて短いトイレ休憩だ。

 さて、いよいよ氷河を突き破って南極大陸だ。最初に小さな舟が入って氷河に裂け目を作り、その裂け目に観測隊の船が突入して行く。私はその様子を空の上から俯瞰で眺めていた。

 予想をはるかに超えるスピードで船が突入して行く。まるでモーターボートのようなスピードだ。大丈夫か?船、壊れないか?私の心配をよそに船はズンガズンガ進んで行き、あっとゆう間に南極大陸の基地に到着した。

 基地の中はまるで遺跡のようだ。真ん中には祭壇のようなものがあり、瓦を薄くしたような板が何重にも重なった屋根がある。こりゃーすごいなぁ。写真を撮らなきゃ。

 ……あぁあああ!カメラ忘れたぁ!手前の陸地に置きっぱだぁ!地べたに置きっぱだぁ!

 どーすんだどーすんだ!この南極大陸を写真に収められないなんて耐えられない!急いで取りに帰らなきゃ!走って出て行こうとすると声がかかる。

「どこ行くのー?」
「ちょっとカメラ取りに帰るねん」
「頑張ってねー」

 呆れたような女の子の声が聞こえる。そうだよなー、途中に氷河があるよなー。どうやって帰ればいいんだ?近くにいるおじさんにすがるように聞いてみた。

「あのー、船って、すぐ戻ったりします?忘れ物、取りに戻れます?」
「どーだろーねー。大丈夫なんじゃないの?」

 なーんの参考にもなりゃしない。

 あ、船の船長さん!みたいな人だ!

「あのー、前の陸地にカメラ忘れちゃったんですけど、取りに戻るって、できますかねぇ?」

「どーだろーねー。大丈夫なのかなー?……あれ?君、腕から血が出てるよ」

 え?あぁ、血が出てるってか、乾燥して肌が荒れて、ちょっと血が滲んでるだけ……

「これはウイルスかもしれない!!ちょっと別のホテルに隔離しましょう!」

 いやいやいや何でやねん。そんな大層なもんと違うがな。コラコラコラ船長さん、なにを一人でパニクってんねん。そんな大騒ぎすることと違うがな。それよりカメラを……


 てなことやってるうちに目が覚めた。

 私は忘れ物が多いからなぁ。気をつけなきゃ。

コメント

スケールの大きな夢でしたね。忘れた物や失くしたものが返ってこない、会いたい人に出会えない、行きたい場所に行けたいなどというもどかしさが半端ないものって夢にはよくありますよね。しかも買ったばかりのカメラが。どきどきだったでしょう。夢でよかった!

carry さん、こんにちは。

スケール、大きいですか?いつも支離滅裂な夢が多いですが。
買ったばかりのカメラを無くさないでよかったです。
そのカメラが入ったリュックを中華料理屋さんで忘れて、店員さんが慌てて呼び止めてくれたのは内緒です。

>そのカメラが入ったリュックを中華料理屋さんで忘れて

なんと!!!!

あ、そのことが夢の下地になってたのかな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://chirorudou.blog16.fc2.com/tb.php/287-e289efc8

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

たけやん

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2Ad

Designed by たけやん