たけやんのちゃらんぽらん夢日記

日々見た夢を綴って、心の平安をたもとうか、とゆうブログ

いつの間にかさめていた夢

 どうゆういきさつでだか、私とある若い男が対決することになった。対決といってもケンカじゃなくて、若い男が私に戦いを挑むのだ(なんかの修業のため?)。
 そのアンちゃんは、今どきのヒョロヒョロした軟弱若者じゃなくて、体もでかくてガッチリしてる硬派な二枚目風のアンちゃんなのだ。普通に考えたら私なんかひとたまりもないぞ。
 さて、ほんで、いざ戦いが始まってみると、私ったらえらく強いの。彼の攻撃を難なくいなし、あぁっとゆうまに押さえ込んでしまった。しかも完璧にポイントを押さえての文句のない押さえ込みだ。
 私は昔柔道をやっていたのだが、自慢じゃないがすごく弱かった。特に押さえ込みなんか苦手の最たるもんだった。そんな私が完璧に押さえ込んでいる。ちょっと快感だったぞ。
 でぇ、そーこーしてると、彼の仲間らしき不良グループ(に見える)がヘラヘラ笑いながらやってきた。「おーおー、やってるやってる。なんだよーオメー弱いなー」とかチャチャ入れながら。
 ちょっと状況悪いなー。とか思ってたら、案の定不良グループが加勢してきた。しかも竹竿見たいのでバッチンバッチン俺を叩くのだ。
「お前らなにやっとんじゃ!」風なことを言って怒鳴ると、下のアンちゃんが押さえ込みから逃げようとする。おっといけない、もう一度ちゃんと押さえ込む。不良グループがまた叩きまくる。
 ここで私はその不良グループに向かって行くのだが、それ以降、最初のアンちゃんは私の意識から離脱する。以後二度と登場しなくなった。
 ほんでね、不良グループの竹竿奪い取って反撃したのだが、私ったらとてつもなく強いの、その竹竿を見事に使いこなして最初の不良をやっつけた。
 
[ここで、小さな違和感が芽生える]
 なんで私がこんな竹竿を使いこなせるのだ?押さえ込みならともかく、竹竿なんか使ってケンカしたことなんて一度もないいぞ。と、思っている。しかし、ここまではまだ完全に夢の中だ。
 んで、それ以降、夢の中に空想が少し入り込む。
 起きてるときに時々空想するじゃない、色々と(私だけかな)。それを夢の中でやっている。
 本当にケンカしてんだか空想の中でケンカしてんだかわからなくなってきた頃、目が覚めていたことに気がついた。私はいつ夢から覚めたんだろう。夢の終わりと現実のさかいがすごくあいまいだった。こんなのは初めてじゃないか?
 ちょっと不思議な目の覚め方だった。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://chirorudou.blog16.fc2.com/tb.php/8-51f7fb0b

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2Ad

Template by たけやん