たけやんのちゃらんぽらん夢日記

日々見た夢を綴って、心の平安をたもとうか、とゆうブログ

その後の五十肩とラジオ体操

 さて、五十肩緩和のために始めたラジオ体操。一ヶ月ぐらいが経過したのだが、


 効果抜群だ!!びっくりするぐらい効果があった。


 残念ながら痛みに関しては相変わらずの激痛なのだが、腕の可動範囲がかなり広がったのだ。

 以前は、腕を斜め上にあげることすらできなかったのに、『前へならえ』もできなかったのに(別にやりはしないが)、ある程度上にあげることができるようになったのだ。
 上着を脱ぐとき、かなり辛かったのがだいぶ楽に脱げるようになった。

 このまま続けていけば五十肩克服も夢ではないかもしれない。


 五十肩以外にも変化があった。

 駐車場の出口にかかっているチェーンを楽にまたげるようになったのだ!

 うちのマンションの裏口は駐車場になってるので、出口にはチェーンがかかっている。出口用のドアもあるのだが、そこまで行くのがめんどくさいので横着してチェーンをまたぐ。

 今までだと、足を上げる時に少々フラフラしていた。疲れてる時など、そのまま後ろにひっくり返るんじゃないかと思ったことも一度や二度じゃない。

 それが!もんの凄くスムーズに足が上がるのだ。体もビシッと安定して全くフラフラしない!すげーぞ俺!

 てかすげーなラジオ体操!

 たかだか一ヶ月でものすごい効果だ。

 このまま続けていけば私は一年後、どうなってしまうのだろう?


 なんか、ワクワクするね。

五十肩とラジオ体操

 わたくし、ただいま五十肩です。それはそれは辛いです。

 実は四十肩にもなっていたのだが、四十肩と五十肩、全然違います!

 四十肩の時は、「肩が痛くて腕が上がらない」だった。しかし五十肩の場合、「激痛で腕を上げることができない!」なのだ。それはそれは痛いのだ寝返りすらままならないほど痛いのだ激痛なのだ。

 四十肩の時はいつの間にか自然に治っていた。しかしこの激痛を伴う五十肩が自然に治るのだろうか?非常に不安である。


 そんな時、あるラジオ番組でこんなメールが読まれた。

『四十肩にはラジオ体操がいいそうです』

 本当か?本当なのか?疑う前にやってみるか?

 やってみた。某NHKから動画引っ張ってきてやってみた。『真面目に』ラジオ体操をやってみた。


 すんげーしんどいの。ハアハア言うの。時々「うぐぐぐぐ」とか声出るの。


 そもそも五十肩で腕が上がらないんだから、『背伸びの運動〜』って言われたってまともに背伸びができない。前傾姿勢で飛び込みしようとするウルトラマンのようだ。

 お姉ちゃんが『前かがみにならないように〜』とか注意するが無理な注文である。私を誰だと思っているのだ。

 たかだか数分ではあるが、おじさんにとっては結構な運動量だ。子供の頃は何も考えずにやっていた体操だが、改めてやってみると、よくできた体操だな。

 子供はもちろん、おじさんでもおばさんでも、その人なりにできる。動画では、真ん中の人が椅子に座って体操していた。どんな人でもできる体操なのだ。


 歩くことはやっているが、それ以外には何も運動していない私である。ぶら下がり健康器も五十肩になってからはやっていない。今日から朝晩1回ずつ、ラジオ体操をやるかな。


 五十肩が治ってくれたらいいんだが。

七並び

 今日、スーパーで買い物をした。
 ほんで、その合計金額が、


 7点買って

 777円だった。


 うん、来年はいい年になりそうだ。

ウルトラセブン

 わたくし、Amazonのプライム会員というのに入っております。
 会員特典にはプライムビデオというビデオ見放題のサービスがあります。

 んで、今回その見放題に『ウルトラマン』が追加された。
 最初のテレビシリーズの『ウルトラマン』だ。

 と同時に、『ウルトラセブン』も追加された!

 わたくし、ウルトラマンはリアルタイムで見ていた世代です。
 ところが、ウルトラセブンはまともに見たことがなかった。


 当時、チャンネル争いに負けてしまい、家族で裏番組を見ていた。ので、ウルトラセブンは一度も見せてもらえなかったのだ(最終回だけは、泣いてせがんで見せてもらった)。
 何度か再放送があったはずなのだが、タイミングが合わなかったのか、完全には見れなかった。

 なので、ウルトラセブンに関しては見てない回が何話もある。半分近くは見てないんじゃないだろうか?

 子どもの頃は、見たくて見たくて仕方なかった。
 大人になった今、DVDボックスとかも出て金さえ出しゃ見れるのだが、『ウルトラセブン』に何万も出すのはなぁー、とか思っていた。


 それが、Amazonで見放題になったのだ!!


 嬉しい。正直、すごく嬉しい。
 ある意味、間違って加入してしまったようなAmazonプライム会員だが、入っててよかったなーーー。


 さて、それでは、一話ずつ、時間をかけて、ゆっくり見るかな。

大きなお世話

 私は自転車が好きだ。街の中で気になる自転車なんか見つけると、つい目が行ってしまう。

 ところが、たまに、サドルの高さを一番低くして乗ってる人がいるのだ。

「それ、サドルの高さをちゃんと調整した方がいいですよ。ちょうどいい高さがありますから。楽にこげるし膝の負担も少ないし」

 てなことを言いたくてウズウズする。

 もちろん見ず知らずの人にそんなことを言ったりはしない。最近は危ない人だって多いのだ。いきなり頭突きをカマされるかもしれない。
 ただ、遠目で見つめてウズウズウズウズしているだけだ。


 私はカメラが好きだ。街の中で気になるカメラなんか見つけると、つい目が行ってしまう。

 ところが、けっこう頻繁に、レンズフードを逆向きに付けたまま写真を撮っている人がいるのだ。

「それ、フードをちゃんと付け直した方がいいですよ。フードはいらん光を遮るためにあるんやから、逆付のまま撮ったら意味ありませんやん。操作がしにくいだけですやん」

 てなことを言いたくてウズウズする。

 もちろん見ず知らずの人にそんなことを言ったりはしない。最近は危ない人だって多いのだ。いきなり頭突きをカマされるかもしれない。
 ただ、遠目で見つめてウズウズウズウズしているだけだ。


 見ず知らずの人だったらそれでいい。遠目でウズウズしてりゃあいい。
 よく知ってる人だったらそのまま言えばいい。何の問題もありゃしない。

 問題は、中途半端な知り合いだ。

 友達ではない。でも知ってる人だ。名前も、下手したら覚えていない。そんな程度の知り合いだ。

 こういう人が相手だった場合、ウズウズが最高潮に達する。

 言いたくて言いたくてウズウズが止まらない。何だったら鼻膨らましてフンガフンガする。

 そして、「ここ、こーやった方がいいですよ」的なことを言った場合、往々にして気まずくなる。

 特に、相手が自転車やカメラに思い入れが無い場合、気まずくなる率は高くなる。


 ……ってか、思い入れが無いんなら、そんな高いカメラ使うんじゃねーよ!

« 新しい日記へ  | HOME |  古い日記へ »

文字サイズの変更

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2Ad

Template by たけやん